innocence

投稿者マモ愛し会プレイ回数00
楽曲情報 INNOCENCE  宮野 真守  作詞中山 真斗(ELEMENTS GARDEN)  作曲中山 真斗(ELEMENTS GARDEN)
難易度(3.4) 916打 歌詞 長文モード可タグ宮野真守
※このタイピングは「INNOCENCE」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(あざやかなきみのこえがぼくをとらえつつみこんでゆく)

鮮やかな君の声が僕をとらえ包み込んでゆく

(こぼれおちそうなみらいでたったひとつかわらないものがある)

零れ落ちそうな未来で たった一つ 変わらないものがある

(そのてでかがやくまっさらなゆめが)

その手で輝く まっさらな夢が

(なんどもむねをこがすから)

何度も 胸を 焦がすから

(ちいさなねがいもなにげないひびも)

小さな願いも 何気ない日々も

(さぁぜんぶだきしめたらなくさないように)

さぁ 全部抱きしめたら 失くさないように

(こえにならないくらいにたしかないまを)

声にならないくらいに 確かな今を

(もとめてぼくらはきょうめいしていた)

求めて僕らは 共鳴していた

(せつないくらいのこのかんじょうのさきを)

切ないくらいの この感情の先を

(きみのそらまでとどけにいくから)

君の空まで 届けに行くから

(こころひらいていっしゅんいだいて)

心開いて 一瞬抱いて

(ひとつになろう)

ひとつになろう

(いたいほどきずつけあって)

痛いほど傷つけあって

(すれちがってもひかりもとめる)

すれ違っても 光求める

(とどかないきょりをしってきもちひとつ)

届かない距離を知って 気持ちひとつ

(またたしかになって)

また確かになって

(あしもとをてらすほしくずがかざる)

足下を照らす 星屑が飾る

(なきだしそうなやさしいせかいで)

泣き出しそうな 優しい世界で

(なんどでもぼくをまっすぐなきみを)

何度でも僕を 真っ直ぐな君を

(さぁふかくすいこんだらあしたをかけよう)

さぁ深く吸い込んだら 明日を駆けよう

(ゆめでおわらせないでどんなえぞらも)

夢で終わらせないで どんな絵空も

(きみとのつづきねがってしまうよ)

君との続き 願ってしまうよ

(なりやまないでふたりのうたは)

鳴り止まないで 二人の歌は

(ほんきのこころほどかせやしない)

本気の心解(ほど)かせやしない

(kissよりあつくかさねあって)

Kissより熱く 重ね合って

(ひとつになれる)

ひとつになれる

(こえにならないくらいにたしかないまを)

声にならないくらいに 確かな今を

(もとめてぼくらはきょうめいしていた)

求めて僕らは 共鳴していた

(せつないくらいのそのかんじょうのさきを)

切ないくらいの その感情の先を

(きみのそらまでむかえにいくから)

君の空まで 迎えにいくから

(ぜんぶすてさっていっしゅんいだいて)

全部捨て去って 一瞬抱いて

(ひとつになろう)

ひとつになろう

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※ランキング登録した名前で投稿されます。