夜行バスにて / 花譜

投稿者はこをのプレイ回数000お気に入り2
楽曲情報 夜行バスにて  花譜  作詞カンザキ イオリ  作曲カンザキ イオリ
難易度(2.3) 748打 歌詞 かな 長文モード可タグ花譜 バーチャルYouTuber VTuber カンザキイオリ
花譜さんの「夜行バスにて」タイピングです。
歌詞は花譜さんのアルバム『観測』の歌詞カードから書き起こしたものになります。

動画はこちら↓
https://www.youtube.com/watch?v=RDnArlYduBs
※このタイピングは「夜行バスにて」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 Chandler 6743 S+ 7.1 94.4% 104.1 746 44 31 2021/01/10

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(とおいめをしたがいとうがいまさらせめたててくる)

遠い目をした街灯が今更責めたててくる

(やこうばすはあとごふん)

夜行バスはあと五分

(ざわついたあかりがゆれている)

ざわついた灯りが揺れている

(いやけがさしたははにつれられ)

嫌気がさした母に連れられ

(ふたりであびたあさひはいまもおぼえている)

二人で浴びた朝日は今も覚えている

(かどをまがればあめがふっていて)

角を曲がれば雨が降っていて

(とおりにでればひとがないていて)

通りに出れば人が鳴いていて

(のらねこがないて)

野良猫が泣いて

(つめをかんでいるほうろうしょうじょがだきかかえている)

爪を噛んでいる放浪少女が抱きかかえている

(そんなじょうけいもふうかしていく)

そんな情景も風化していく

(かそかしたゆうやけが)

過疎化した夕焼けが

(すぎさってよるのまちになり)

過ぎ去って夜の街になり

(よるにおぼれたがるぼくたちは)

夜に溺れたがる僕たちは

(はいびるのおくじょうでたそがれる)

廃ビルの屋上で黄昏れる

(えんりょぎみのたいようが)

遠慮気味の太陽が

(なにもかもきれいにやきはらう)

何もかも綺麗に焼き払う

(そんなまちにぼくはいた)

そんな街に僕はいた

(このまちでいきていた)

この街で生きていた

(ごふんもあるけばいなかになって)

五分も歩けば田舎になって

(かえるがいつもまっている)

蛙がいつも待っている

(そのさきのぼくのいえはいまでは)

その先の僕の家は今では

(ここからはもうみえない)

ここからはもう見えない

(はえがまとわりついて)

ハエがまとわりついて

(だがしやはいつかつぶれて)

駄菓子屋はいつか潰れて

(むかしどおりにいきていけると)

昔通りに生きていけると

(おもっていたらおおちがいだ)

思っていたら大違いだ

(らぶほがいをぬけたさきで)

ラブホ街を抜けた先で

(あねのむかえをまっている)

姉の迎えを待っている

(そんなまちにぼくはいた)

そんな街に僕はいた

(このまちでいきていた)

この街で生きていた

(このまちにぼくはいた)

この街に僕はいた

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

花譜オリジナル曲

はこをののタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971