その群青が愛しかったようだった

投稿者Karugonプレイ回数928
楽曲情報 その群青が愛しかったようだった  ヤギヌマカナ  作詞N-BUNA  作曲N-BUNA
難易度(2.9) 666打 歌詞 かな 長文モード可タグチュウニズム CHUNITHM 音ゲー 歌詞
その群青が愛しかったようだった
その群青が愛しかったようだったの歌詞タイピングです
※このタイピングは「その群青が愛しかったようだった」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 apple 9633 9.8 97.8% 68.2 672 15 21 2022/01/11
2 Karugon 6908 S++ 7.2 95.5% 92.5 670 31 21 2021/12/01

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(かなしいことがあるたびにきづいていた)

悲しいことがあるたびに気付いていた

(まちがっていたのはぼくのじそんしんだ)

間違っていたのは僕の自尊心だ

(かぜきったからだがいやにうずいていた)

風切った身体が嫌に疼いていた

(とおくをいくきみがまっているきがした)

遠くを行く君が待っている気がした

(じゅうしんをつきつけられたみたいにあせるままでいきている)

銃身をつきつけられたみたいに焦るままで生きている

(しんでいたのはやつらのゆめだ)

死んでいたのは奴らの夢だ

(まちがってないまちがってないはずだ)

間違ってない間違ってない筈だ

(あぁこのむねがつかえるのも)

あぁこの胸がつかえるのも

(いってもういってしまえたら)

行ってもう行ってしまえたら

(きみのままだたぶんぼくのままだ)

君のままだたぶん僕のままだ

(そったたいがんのむこうがわきみのかげがみえたきがして)

反った対岸の向こう側君の影が見えた気がして

(そのぐんじょうがいとしかったようだった)

その群青が愛しかったようだった

(くるしいことがあるたびにおもっていた)

苦しいことがあるたびに思っていた

(やくそくなんてのはしょせんきぼうろんだ)

約束なんてのは所詮希望論だ

(つうがくがいおよぐさかなにかいがんせん)

通学街泳ぐ魚に海岸線

(すいじょうをあるくみたいにはしっている)

水上を歩くみたいに走っている

(いってもういってしまえよもう)

言ってもう言ってしまえよもう

(きみがきえたそらはあのひのままだ)

君が消えた空はあの日のままだ

(そったたいがんのむこうがわきみのかげはいつのひだって)

反った対岸の向こう側君の影はいつの日だって

(そうだそうだそうだった)

そうだ、そうだそうだった

(そのぐんじょうがいとしかったようだった)

その群青が愛しかったようだった

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!

Karugonのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971