粉雪 レミオロメン

投稿者@ゆうプレイ回数2317
楽曲情報 粉雪  レミオロメン  作詞藤巻 亮太  作曲藤巻 亮太
難易度(2.8) 827打 歌詞 かな 長文モード可タグ粉雪 レミオロメン 歌詞 音楽
※このタイピングは「粉雪」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 レマン湖 5528 A 5.6 97.6% 148.5 841 20 26 2020/09/07
2 ハッシー 4231 C 4.6 91.4% 178.9 835 78 26 2020/09/03

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(こなゆきまうきせつはいつもすれちがい)

粉雪 舞う季節は いつもすれ違い

(ひとごみにまぎれてもおなじそらみてるのに)

人混みに紛れても 同じ空見てるのに

(かぜにふかれてにたようにこごえるのに)

風に吹かれて 似たように凍えるのに

(ぼくはきみのすべてなどしってはいないだろう)

僕は君の全てなど 知ってはいないだろう

(それでもいちおくにんからきみをみつけたよ)

それでも一億人から 君を見つけたよ

(こんきょはないけどほんきでおもってるんだ)

根拠はないけど 本気で思ってるんだ

(ささいないいあいもなくて)

些細な言い合いもなくて

(おなじじかんをいきてなどいけない)

同じ時間を 生きてなどいけない

(すなおになれないなら)

素直になれないなら

(よろこびもかなしみもむなしいだけ)

喜びも 悲しみも 虚しいだけ

(こなゆきねえこころまでしろくそめられたなら)

粉雪 ねえ 心まで白く染められたなら

(ふたりのこどくをわけあうことができたのかい)

二人の孤独を 分け合う事が出来たのかい

(ぼくはきみのこころにみみをおしあてて)

僕は君の心に 耳を押し当てて

(そのこえのするほうへすっとふかくまで)

その声のする方へ すっと深くまで

(おりてゆきたいそこでもういちどあおう)

下りてゆきたい そこでもう一度会おう

(わかりあいたいなんて)

分かり合いたいなんて

(うわべをなでていたのはぼくのほう)

上辺を撫でていたのは 僕の方

(きみのかじかんだても)

君のかじかんだ手も

(にぎりしめることだけでつながってたのに)

握りしめることだけで 繋がってたのに

(こなゆきねええいえんをまえにあまりにもろく)

粉雪 ねえ 永遠を前にあまりに脆く

(ざらつくあすふぁるとのうえ)

ざらつくアスファルトの上

(しみになってゆくよ)

シミになってゆくよ

(こなゆきねえときにたよりなくこころはゆれる)

粉雪 ねえ 時に頼りなく 心は揺れる

(それでもぼくはきみのことまもりつづけたい)

それでも 僕は君のこと 守り続けたい

(こなゆきねえこころまでしろくそめられたなら)

粉雪 ねえ 心まで白く染められたなら

(ふたりのこどくをつつんでそらにかえすから)

二人の孤独を包んで 空にかえすから

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

@ゆうのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971