桜の城下町 

投稿者youプレイ回数122
楽曲情報 桜の城下町  小田桐仁義  作詞小田桐仁義  作曲小田桐仁義
難易度(3.4) 676打 歌詞 かな 長文モード可
おだじんさんの桜の城下町です。めっちゃいいです。
歌詞もいいし、何といってもアコギが素晴らしい・・・!!!
是非見に行ってみてください!!!
※このタイピングは「桜の城下町」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

  • 贈り歌

    贈り歌

    誰もが感動します。

    プレイ回数219
    歌詞1046打

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(うきよのまちにはなだよりつきにぎわうやまとはなごろもたち)

浮世の街に花だより着きにぎわう山と花衣たち

(さくらなみきにいろどりそえたかれんなあめといたずらなあめ)

桜並木に彩り添えた可憐な雨と悪戯な雨

(きょうとはちがうあのみちでおもかげだけのひととうつった)

今日とは違うあの道で面影だけの人と写った

(おさなきひのそのすがたにいつしかわびしさかんじていた)

幼き日のその姿にいつしか侘しさ感じていた

(きみのてがぼくをつれてさみだれのはなあかりへ)

君の手が僕を連れて五月雨の花明かりへ

(さくらあめきりでかすみてまねきすらもなつかしく)

桜雨霧で霞み手招きすらも懐かしく

(うきよのまちにさるさくらづきちるはざくらもまたいとかなし)

浮世の街に去る桜月散る葉桜もまたいと哀し

(じょうかのまちでさよならをしたあのおもかげはいまあわときえ)

城下の街でさよならをしたあの面影は今泡と消え

(みなもにうかぶはないかだまぼろしのようにさいたさくらかげ)

水面に浮かぶ花筏幻のように咲いた桜影

(ときおりそのうつくしさがものがなしくみえるのはなぜ)

時折その美しさが物悲しく見えるのは何故

(きみのてがぼくをつれてさみだれのはなあかりへ)

君の手が僕を連れて五月雨の花明かりへ

(さくらあめきりでかすみてまねきすらもなつかしく)

桜雨霧で霞み手招きすらも懐かしく

(きみのてがぼくをつれてさみだれのはなあかりへ)

君の手が僕を連れて五月雨の花明かりへ

(いつかまたあえるはずと)

いつかまた会えるはずと

(つぶやくこともままならず)

呟くこともままならず

(ままならず)

ままならず

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!