サイサキ

投稿者Rrプレイ回数000
楽曲情報 サイサキ  REOL  作詞REOL  作曲REOL
難易度(2.3) 1862打 歌詞 かな 長文モード可タグれをる サイサキ さいさき
れをるのサイサキ!!
※、と?は省いてください
れをるといえばこの曲!って人も多いのでは
HAL CMソング
※このタイピングは「サイサキ」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(いまだみないさいさきへと)

未だ見ない幸先へと

(ぼくはただいまあるきだしたところ)

僕は只今あるき出したところ

(いたるまでのとじょうちょうこうそうびる)

至るまでの途上 超高層ビル

(みあげすぎてくびがいたいな)

見上げすぎて首が痛いな

(みずしらずのたにんどうしだから)

見ず知らずの他人同士だから

(あなたとかかわりあいたい)

あなたと関わり合いたい

(まいばんとるしょくじのようにただただ)

毎晩とる食事のようにただただ

(かわることなくつづくとおもってた)

変わることなく続くと思ってた

(ぐるぐるはられるくちにがむてーぷ)

ぐるぐる貼られる口にガムテープ

(だぶるふれーずとばすぐせ)

ダブるフレーズ トばす癖

(ぼくはいつでもほんとうしかいえないし)

僕はいつでも本当しか言えないし

(とてもえごいすてぃっく)

とてもエゴイスティック

(しってるだろ)

知ってるだろ

(おわるにははやすぎるから)

終わるには早すぎるから

(にもつまとめてここをでる)

荷物まとめて此処を出る

(あいたいきたいしたいまだ)

会いたい 期待したいまだ

(ああぼくのちをかよってる)

ああ 僕の血を通ってる

(ないてもかえられないとしても)

泣いても変えられないとしても

(それでもかえたいとねがうのは)

それでも変えたいと願うのは

(きょだつをこわすいまおわらす)

虚脱を壊す 今終わらす

(はくしじゃっこうなぼくは)

薄志弱行な僕は

(だれよりせいじつなみかたはいつも)

誰より誠実な味方はいつも

(かこのじぶんとしってるから)

過去の自分と知ってるから

(このみくたばるまえにうがつ)

この身くたばる前に穿つ

(こわいことなどない)

怖いことなどない

(またみのらすためはなゆりおちて)

また実らすため花ゆり落ちて

(うらがえるあのひのやくそくをはたそう)

裏返るあの日の約束を果たそう

(ただようたばこのけむりにまかれた)

漂う煙草の煙に巻かれた

(きみのあきらめすらけりあげる)

君の諦めすら蹴り上げる

(なんどなぐられののしられたって)

何度殴られ罵られたって

(きみのことばのかけめにはみたない)

君の言葉の掛目には満たない

(がそりんをまけさあいますぐに)

ガソリンを撒け さあ今すぐに

(ほんのうにまたがっていけよ)

本能に跨っていけよ

(ひきかえせないところまできたみたい)

引き返せないところまで来たみたい

(しょぎょうむじょうあいすべきとうきょう)

諸行無常 愛すべき東京

(みしらぬきのうひとしそうじだい)

見知らぬ昨日、人、思想、時代

(らんざつむしょうであいたいひょうじょう)

乱雑無章 出会いたい表情

(くつがえしたいよそうどおりのさき)

覆したい予想通りの先

(たったいっせいきないいのちで)

たった一世紀無い命で

(できることまもれるもの)

できること 守れるもの

(あといくつあるんだろう)

あと幾つあるんだろう

(ないてもかえられないとしても)

泣いても変えられないとしても

(それでもかえたいとねがうなら)

それでも変えたいと願うなら

(なにがかわるなにかかわる)

何が変わる?何か変わる?

(てをくだすのはいつも)

手を下すのはいつも

(だれでもないにげられない)

誰でもない逃げられない

(いまここにいるじぶんとしってるから)

今此処にいる自分と知ってるから

(このみくたばるまえにつなぐ)

この身くたばる前に繋ぐ

(きゅうこうのでんとでまるのうちのって)

急行の田都で丸ノ内乗って

(なんてみがってなせいかつ)

なんて身勝手な生活

(きみだってそうでしょう)

君だってそうでしょう

(てばなしではっぴーえんど)

手放しでハッピーエンド

(なんねんつかってもなりきれないりそう)

何年使ってもなりきれない理想

(ふあんていなあしたをみこして)

不安定な明日を見越して

(とりあえずきょうをきすでしのごう)

とりあえず今日をキスで凌ごう

(せんてんせいのずれ)

先天性のズレ

(およそいってんさんおくいきづいたれっとうかんを)

およそ1.3億息づいた劣等感を

(どうかだきしめておわりたい)

どうか抱きしめて終わりたい

(はいとーんれすぽーる)

ハイトーン レスポール

(べっどにきみがすき)

ベッドに君が好き

(またあえるめぐりあえる)

また会える 巡り会える

(そんなさいさきなら)

そんな幸先なら

(ないてもかえられないとしても)

泣いても変えられないとしても

(それでもかえたいとねがうから)

それでも変えたいと願うから

(どうか)

どうか

(あがいてもつたわらないよそれでも)

足掻いても伝わらないよそれでも

(ぼくらにはことばしかないから)

僕らには言葉しかないから

(うたいつづけるよ)

歌い続けるよ

(ないてもかえられないとしても)

泣いても変えられないとしても

(それでもかえたいとねがうのは)

それでも変えたいと願うのは

(きょだつをこわすいまおわらす)

虚脱を壊す 今終わらす

(はくしじゃっこうなぼくは)

薄志弱行な僕は

(だれよりせいじつなみかたはいつも)

誰より誠実な味方はいつも

(かこのじぶんとしってるから)

過去の自分と知ってるから

(このみくたばるまえにうがつ)

この身くたばる前に穿つ

(こわいことなどない)

怖いことなどない

(なにひとつないよ)

何一つないよ