奥の細道〜序文〜

投稿者HARU プレイ回数175
難易度(3.4) 652打 長文 かな タグ奥の細道
『月日は百代の過客にして』から始まるあの有名なやつです!
教科書を元にしました。
問題文は歴史的仮名遣いになっていますが、タイプするときは現代仮名遣いにしてください。
教科書を元にしたつもりですが、タイプミスなどありましたらお知らせください\(^o^)/
順位名前スコア称号打鍵/秒正誤率時間(秒)打鍵数ミス問題日付
1 sachiko 4256 C+ 4.3 98.9% 152.7 657 7 15 2019/12/27

関連タイピング

栄光の架橋

栄光の架橋

あのゆずの栄光の架橋です。

プレイ回数2536
歌詞かな736打
点描の唄

点描の唄

私の最近の好きな唄です。

プレイ回数9606
歌詞かな830打
どうしてふぁぼってくれないの

どうしてふぁぼってくれないの

まふまふ/どうしてふぁぼってくれないの ふぁぼれよ。

プレイ回数1683
歌詞かな82打
キミがいれば

キミがいれば

コナン曲

プレイ回数2662
歌詞かな443打
森のくまさん

森のくまさん

童謡の「森のくまさん」歌詞です。

プレイ回数1913
歌詞かな346打
Song for・・・

Song for・・・

HYの曲です。

プレイ回数2875
歌詞かな998打

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(つきひははくたいのかかくにしていきかうとしもまたたびびとなり)

月日は百代の過客にして、行きかふ年もまた旅人なり。

(ふねのうえにしょうがいをうかべうまのくちとらえておいをむこうるものは)

舟の上に生涯を浮かべ、馬の口とらへて老いを迎ふる者は、

(ひびたびにしてたびをすみかとす)

日々旅にして旅を栖(すみか)とす。

(こじんもおおくたびにしせるあり)

古人も多く旅に死せるあり。

(よもいずれのとしよりかへんうんのかぜにさそわれて)

予もいづれの年よりか、片雲(へんうん)の風にさそはれて、

(ひょうはくのおもいやまずかいひんにさすらえて)

漂泊(ひょうはく)の思ひやまず、海浜(かいひん)にさすらへて、

(こぞのあきこうしょうのはおくに)

去年(こぞ)の秋江上(こうしょう)の破屋(はおく)に

(くものふるすをはらいてややとしもくれはるたてるかすみのそらに)

くもの古巣をはらひて、やや年も暮れ、春立てる霞の空に、

(しらかわのせきこえんとそぞろがみのものにつきてこころをくるわせ)

白河の関越えむと、そぞろ神の物につきて心をくるはせ、

(どうそじんのまねきにあいてとるものてにつかず)

道祖神のまねきにあひて、取るもの手につかず。

(ももひきのやぶれをつづりかさのおつけかえてさんりにきゅうすゆるより)

ももひきの破れをつづり、傘の緒付けかへて、三里に灸すゆるより、

(まつしまのつきまずこころにかかりてすめるかたはひとにゆずりて)

松島の月まづ心にかかりて、住める方(かた)は人に譲りて、

(さんぷうがべっしょにうつるに)

杉風(さんぷう)が別墅(べっしょ)に移るに、

(くさのともすみかわるよぞひなのいえ)

草の戸(と)も住み替はる代ぞ雛(ひな)の家。

(おもてはっくをいおりのはしらにかけおく)

面(おもて)八句を庵(いおり)の柱にかけおく。

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。
※このゲームにコメントするにはログインが必要です。