奥の細道〜序文〜

投稿者HARUプレイ回数888
難易度(3.4) 652打 長文 かなタグ奥の細道
『月日は百代の過客にして』から始まるあの有名なやつです!
教科書を元にしました。
問題文は歴史的仮名遣いになっていますが、タイプするときは現代仮名遣いにしてください。
教科書を元にしたつもりですが、タイプミスなどありましたらお知らせください\(^o^)/
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 Walasvo 1412 G+ 1.6 87.6% 394.4 648 91 15 2022/04/17

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(つきひははくたいのかかくにしていきかうとしもまたたびびとなり)

月日は百代の過客にして、行きかふ年もまた旅人なり。

(ふねのうえにしょうがいをうかべうまのくちとらえておいをむこうるものは)

舟の上に生涯を浮かべ、馬の口とらへて老いを迎ふる者は、

(ひびたびにしてたびをすみかとす)

日々旅にして旅を栖(すみか)とす。

(こじんもおおくたびにしせるあり)

古人も多く旅に死せるあり。

(よもいずれのとしよりかへんうんのかぜにさそわれて)

予もいづれの年よりか、片雲(へんうん)の風にさそはれて、

(ひょうはくのおもいやまずかいひんにさすらえて)

漂泊(ひょうはく)の思ひやまず、海浜(かいひん)にさすらへて、

(こぞのあきこうしょうのはおくに)

去年(こぞ)の秋江上(こうしょう)の破屋(はおく)に

(くものふるすをはらいてややとしもくれはるたてるかすみのそらに)

くもの古巣をはらひて、やや年も暮れ、春立てる霞の空に、

(しらかわのせきこえんとそぞろがみのものにつきてこころをくるわせ)

白河の関越えむと、そぞろ神の物につきて心をくるはせ、

(どうそじんのまねきにあいてとるものてにつかず)

道祖神のまねきにあひて、取るもの手につかず。

(ももひきのやぶれをつづりかさのおつけかえてさんりにきゅうすゆるより)

ももひきの破れをつづり、傘の緒付けかへて、三里に灸すゆるより、

(まつしまのつきまずこころにかかりてすめるかたはひとにゆずりて)

松島の月まづ心にかかりて、住める方(かた)は人に譲りて、

(さんぷうがべっしょにうつるに)

杉風(さんぷう)が別墅(べっしょ)に移るに、

(くさのともすみかわるよぞひなのいえ)

草の戸(と)も住み替はる代ぞ雛(ひな)の家。

(おもてはっくをいおりのはしらにかけおく)

面(おもて)八句を庵(いおり)の柱にかけおく。

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!