真空オールドローズ reol

投稿者クランクプレイ回数367
楽曲情報 真空オールドローズ  REOL  作詞REOL  作曲REOL
難易度(3.6) 1621打 歌詞 かな 長文モード可タグreol れをる 真空オールドローズ
reol/真空オールドローズ
あたしには少しも関係ない
reolの真空オールドローズです。
※このタイピングは「真空オールドローズ」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

  • 第六感

    第六感

    Reol/第六感

    プレイ回数1512
    歌詞1100打
  • Reol 第六感 THE SIX SENSE

    Reol 第六感 THE SIX SENSE

    ボートレースのCMに起用されている曲です.

    プレイ回数3923
    歌詞1123打
  • カルト

    カルト

    Reolのカルト

    プレイ回数4
    歌詞かな832打
  • 激白

    激白

    reolの激白

    プレイ回数153
    歌詞かな1155打
  • 第六感 呪術廻戦

    第六感 呪術廻戦

    呪術廻戦 第六感

    プレイ回数1581
    歌詞1107打
  • cLick cRack

    cLick cRack

    れをるさんのcLick cRackの歌詞打です

    プレイ回数246
    歌詞2107打

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(しんじきれぬことばかりいうね ふあんていだじゅわきへだて)

信じきれぬことばかり言うね 不安定だ受話器隔て

(くさったあいかかんしょうのせいだ わからなくなってしまえたら)

腐った愛過干渉のせいだ わからなくなってしまえたら

(ちゅうしゃじょうにすてたにびいろと こごえていくよるにまつまてんろう)

駐車場に捨てた鈍色と 凍えていく夜に待つ摩天楼

(だまってないでおしえてよ)

黙ってないで教えてよ

(そばにいてもなぜだかいやなよかんがするの)

傍にいてもなぜだか嫌な予感がするの

(たったのすうびょういきをとめることすらもことすらもこわかった)

たったの数秒息をとめることすらもことすらも怖かった

(ふれるおんどはあたしにはすこしあつくて)

触れる温度はあたしには少し熱くて

(ささやかれるたびにこわしたくなっていやになる)

囁かれるたびに壊したくなって嫌になる

(あたしにはすこしもかんけいない いまのあなたがなににきずつこうとも)

あたしには少しも関係ない 今のあなたが何に傷つこうとも

(ひのでをたどる せめられることもいまやいとはない)

日の出を辿る 責められることも今や厭はない

(ただだらだらとひびをくらい なんであのときであってしまった)

唯だらだらと日々を食らい なんであの時出逢ってしまった

(にしびがさして ときはすすめどもあなたをゆるせない)

西日が差して 時は進めどもあなたを許せない

(うすくなぞったとうざいせん だましだましむかえてごぜんにじ)

薄くなぞった東西線 騙し騙し迎えて午前二時

(たぶんきっとふようなべんかいも あなたがのぞむならばかなえよう)

多分きっと不要な弁解も あなたが望むならば叶えよう

(あのひあたしはじゅうじゅんに ぜんぶわかっていたけどじゅうじゅんに)

あの日あたしは従順に 全部わかっていたけど従順に

(へたすぎるしばいだってわらって それがあいじょうだとおもっていた)

下手すぎる芝居だって笑って それが愛情だと思っていた

(いつもそこにさいごがあるきがしてたから)

いつもそこに最後がある気がしてたから

(といただすことなどおろかなことよぶすいでしょう)

問いただすことなど愚かなことよ無粋でしょう

(おーるどろーずがふしだらにかおりさげすんで)

オールドローズがふしだらに香り蔑んで

(となりにいたってけっきょくあたしたちはひとりきりなんだ)

隣にいたって結局あたしたちは一人きりなんだ

(あたしにはすこしもかんけいない いまのあなたがだれをあいしていようと)

あたしには少しも関係ない 今のあなたがだれを愛していようと

(ひにそむいて かさねたねつもひとつにはならない)

陽に背いて 重ねた熱もひとつにはならない

(いやだいやだこばむじゅうろくのきょう しったことかよああまたおちていく)

嫌だ嫌だ拒む十六の今日 知ったことかよあゝまた堕ちていく

(にしびはさして ふたりのよこがおにおうじている)

西陽は差して 二人の横顔に応じている

(えいせいとしにそびえたついんが かんらんしゃがみせたせかいは)

衛星都市に聳えたつ因果 観覧車が見せた世界は

(ひだりてくちずさむこえを あのひになくしたさよなら)

左手口遊む声を あの日になくしたさよなら

(あたしにはすこしもかんけいない いまのあなたがなににきずつこうとも)

あたしには少しも関係ない 今のあなたが何に傷つこうとも

(ひのでをたどる せめられることもいまやいとわない)

日の出を辿る 責められることも今や厭わない

(ただだらだらとひびをくらい なんであのときであってしまった)

唯だらだらと日々を食らい なんであの時出逢ってしまった

(にしびがさして ときがすすめどもあなたをゆるせない)

西日が差して 時が進めどもあなたを許せない

(あたしにはすこしもかんけいない いまのあなたがなににきずつこうとも)

あたしには少しも関係ない 今のあなたが何に傷付こうとも

(あかねのもとで ときはすぎさるにどとあうこともない)

茜の下で 時は過ぎ去る二度と会うこともない

(ただだらだらとひびをくらい なんであのときであってしまった)

唯だらだらと日々を食らい なんであの時出逢ってしまった

(にしびがさして ときがころしてくあなたがいなくなる)

西日が差して 時が殺してくあなたがいなくなる

(もういらない あますぎたにおい)

もういらない 甘すぎた匂い

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!