JIVE MY REVOLVER

投稿者オシャマリプレイ回数94お気に入り1
楽曲情報 JIVE MY REVOLVER  TOKYO No.1 SOUL SET  作詞BIKKE  作曲渡辺 俊美
難易度(4.0) 1508打 歌詞 かな 長文モード可タグ歌詞 TOKYO No.1 SOUL SET
TOKYO No.1 SOUL SETさんです。
※このタイピングは「JIVE MY REVOLVER」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

  • 夜に駆ける

    夜に駆ける

    YOASOBIさんの夜に駆けるです!1番のみです。

    プレイ回数951547
    歌詞かな612打
  • うっせぇわ 一番のみ

    うっせぇわ 一番のみ

    プレイ回数48550
    歌詞かな550打
  • 怪物

    怪物

    怪物/YOASOBI

    プレイ回数97084
    歌詞かな1278打
  • ヴァンパイア

    ヴァンパイア

    プレイ回数69861
    歌詞かな638打
  • ドライフラワー

    ドライフラワー

    優里/ドライフラワー

    プレイ回数216476
    歌詞かな1053打
  • 炎/LiSA

    炎/LiSA

    映画「鬼滅の刃 無限列車編」主題歌です!

    プレイ回数369616
    歌詞かな816打

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(じぶんとじぶんのくせにおりあっていくそれでせいいっぱいなんだけれども)

自分と自分の癖に折り合っていく それで精一杯なんだけれども

(かかえこみすぎたこのまいにちでんわすることもおくびょうになる)

抱え込み過ぎたこの毎日 電話することも臆病になる

(にげてるわけではないけれどにげられるものならそうしたい)

逃げてる訳ではないけれど 逃げられるものならそうしたい

(あなたたちのやさしさからもとめるものがわかっているのに)

あなた達のやさしさから 求めるものが判っているのに

(そうなればいいとおもっているのに)

そうなればいいと思っているのに

(ぼくのおかしなかこにふれきみのしゅうとうなあいまいさで)

僕のおかしな過去に触れ 君の周到な曖昧さで

(ねりあげてできたはなしなどすべてわすれるためにきいているのさ)

練り挙げて出来た話など全て 忘れるために聞いているのさ

(こんぽんてきなあたらしさはなくだいたんなばりえーしょんにすぎない)

根本的な新しさはなく 大胆なバリエーションに過ぎない

(ながったらしいかたろぐはなんのやくにもたちはしないなんのやくにもたちはしない)

長ったらしいカタログは何の役にもたちはしない、何の役にもたちはしない

(じぶんとじぶんのくせにおりあっていくそれでせいいっぱいなんだけれども)

自分と自分の癖に折り合っていく それで精一杯なんだけれども

(かかえこみすぎたこのまいにちかさなりあうおおくのじじょう)

抱え込みすぎたこの毎日 重なり合う多くの事情

(けっしてわるぎがあるのではないやくそくしたのをわすれたって)

決して悪気があるのではない 約束したのを忘れたって

(やさしさだってわすれていないしっかりとすべておぜんだてされた)

やさしさだって忘れていない しっかりと全てお膳立てされた

(きみのひみつのどうさはまるでゆめのようにしかみえないのだが)

君の秘密の動作はまるで 夢のようにしか見えないのだが

(ぼくだってそれはできるのだゆめみることもやめることも)

僕だってそれは出来るのだ夢見ることも止めることも

(まもるべきひとつのあきらかなぎむはそれをすべてうけいれること)

守るべき一つの明らかな義務は それを全て受け入れること

(ぼくらはときにおどろくほどのふさわしくないことをくちにする)

僕らは時に驚くほどの 相応しくない事を口にする

(くるひもくるひもばんじこうちょうきのうはほんとうによくねむれたか)

来る日も来る日も万事好調 昨日は本当に良く眠れたか

(かかえこみすぎたこのじんせいきみたちのかおはおもいだせる)

抱え込みすぎたこの人生 君達の顔は思い出せる

(ほんきだったのはまちがいないむちゅうになったこころもあったけど)

本気だったのは間違いない 夢中になった心もあったけど

(ゆめにはいちどもでてこないぐうぜんがゆるしたれいがいなのに)

夢には一度も出てこない 偶然が許した例外なのに

(ぜいたくなきたいをもちすぎたためそれどうしのともぐいになってる)

贅沢な期待を持ちすぎたため それどうしの共食いになってる

(はじめでありさいちゅうでありそれはきみのおわりだった)

始めであり、最中であり それは君の終わりだった

(けたはずれのわけありがおでわらいくるしみのないほうほうでいやす)

桁外れの訳あり顔で笑い苦しみのない方法で癒す

(よわないさけをあたまからあびゆめもみないたわいのないねむりに)

酔わない酒を頭から浴び 夢も見ない他愛のない眠りに

(またきょうもつくのだろうここといまからはにげられない)

また今日も着くのだろう ここと今からは逃げられない

(もしきみがなにかをえることができまたきみがなにかをうしなうならば)

もし君が何かを得ることができ また君が何かを失うならば

(もしきみがなにかをえることができまたきみがなにかをうしなうならば)

もし君が何かを得ることができ また君が何かを失うならば

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※ランキング登録した名前で投稿されます。