リコリスの森

投稿者りおプレイ回数212
楽曲情報 リコリスの森  作詞上松 範康  作曲藤田 淳平
難易度(4.1) 1076打 歌詞 長文モード可タグ一十木音也 一ノ瀬トキヤ 神宮寺レン 愛島セシル
うたの☆プリンスさまっ♪の楽曲です
うたの☆プリンスさまっ♪の挿入歌です
※このタイピングは「リコリスの森」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(「なぜ?」ととうしょうねんがいましたつみのないじゅんすいなひとみで)

「何故?」と問う少年がいました  罪のない純粋な瞳で

(「それは..」とこたえかえらないじかん)

「それは..」と答え還らない時間

(いたみさえよろこび...まっかになるあいとぞうお)

痛みさえ喜び...真っ赤になる愛と憎悪

(じんのうらそれもひとうらぎりのloveもせいのさが)

人のウラ それも人  裏切りのloveも生の性

(めびうすのわねじれてもそうなにもかわることなく)

メビウスの 輪捩れても そう何も変わることなく

(くるくるまわる)

くるくる廻る

(したたるようにかしげほほえむりこりすのあかきはなが)

滴るように傾げ微笑む リコリスの紅き花が

(「とわ」をにおわせといてなぶる)

「永久」を匂わせ 問いて嬲る

(ah...うつくしいみわくのゆめ)

ah... 美しい魅惑の夢

(えぐられるほどふかすぎたあいきんだんのせんたくへと)

抉られるほど 深すぎた愛  禁断の選択へと

(すべてのこまがah...そろいて)

全ての駒が ah...揃いて

(らくえんか?しっこくか?もりはみつめている)

楽園か?漆黒か? 森は見つめている

(あたらしいせかいをさがしにとよりそったひとときのあんねい)

新しい世界を探しにと 寄り添ったひとときの安寧

(「あのしゅんかんをえいえんにする」ときぼうのなのどくがあまくやみにさそった)

「あの瞬間を永遠にする」と 希望の名の毒が甘く闇に誘った

(うまれるもしをまつもひとりぼっちでむかえるもの)

生まれるも 死を待つも 一人ぼっちで迎えるもの

(だとしてもともにいたいもういっそいのちとじて)

だとしても 共にいたい もういっそ命閉じて

(てんへとゆこう)

天へとゆこう

(だれかのてへとわたるくらいならりこりすのくらきもりで)

誰かの手へと渡るくらいなら リコリスの暗き森で

(「とわ」のはなにちをのませよう)

「永久」の花に 血を飲ませよう

(ah...ひかれるやみへのきす)

ah...惹かれる闇へのキス

(かぜがはこんだはなのかおりはつみをどこにつれていく?)

風が運んだ花の薫りは 罪を何処に連れて行く?

(さいてうつれてちるときには)

咲いて移れて 散るときには

(やすらぎか?じごくか?なにをおしえるのか...)

安らぎか? 地獄か? 何を教えるのか...

(あいゆえまわる)

愛ゆえ廻る

(したたるようにかしげないているりこりすのあかきはなが)

滴るように傾げ泣いている リコリスの紅き花が

(「とわ」をおわらせといてほふる)

「永久」を終わらせ 解いて屠る

(ah...うるわしいみわくのゆめ)

ah...麗しい魅惑の夢

(えぐられるほどふかすぎたあい)

抉られるほど 深すぎた愛

(きんだんのせんたくへとすべてのこまが)

禁断の選択へと 全ての駒が

(ah...そろいて)

ah...揃いて

(らくえんか?しっこくか?もりはみつめている)

楽園か?漆黒か? 森は見つめている

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※ランキング登録した名前で投稿されます。