LOVE SONG 三代目JSB

投稿者りんごあめ。プレイ回数0000
楽曲情報 LOVE SONG  三代目 J SOUL BROTHERS  作詞小竹 正人  作曲原 一博
難易度(3.7) 957打 歌詞 長文モード可タグ三代目JSoulBrothers EXILETRIBE 歌詞
三代目J Soul Brothers
※このタイピングは「LOVE SONG」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

  • FEARS

    FEARS

    THE RAMPAGE/FEARS

    プレイ回数291
    歌詞かな931打
  • One in a Million -奇跡の夜に-

    One in a Million -奇跡の夜に-

    GENERATIONS/One in a million

    プレイ回数2248
    歌詞1226打
  • Into The Light

    Into The Light

    THE RAMPAGE/Into The Light

    プレイ回数765
    歌詞1003打
  • seasons

    seasons

    THE RAMPAGE/Seasons

    プレイ回数1345
    歌詞1018打
  • 涙

    GENERATIONS

    プレイ回数6644
    歌詞かな891打
  • Possible

    Possible

    片寄涼太/Possible

    プレイ回数347
    歌詞1210打

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(むぼうびなかおしてきみがわらうたびに)

無防備な顔して 君が笑うたびに

(おもわずどうしようもなくむねにあふれる i love you)

思わずどうしようもなく 胸に溢れる I love you

(ありふれたことばをならべるだけじゃなく)

ありふれたコトバを 並べるだけじゃなく

(まよいのないしんじつをつたえつづけていたい)

迷いのない真実を 伝え続けていたい

(すぎていくひびのなか)

過ぎて行く 日常(ひび)の中・・・

(そのひとみにいまぼくらのみらいがうつった)

その瞳に 今僕らの未来が映った

(あいしてるとあきれるくらいいつもいってだきしめるから)

“アイシテル”とあきれるくらい いつも言って抱きしめるから

(よごれのないかぜふくそらをみあげたそのとき)

汚れのない風吹く空を 見上げたその瞬間(とき)

(きみがおもいうかべるひとがきっとぼくでありますように)

君が想い浮かべる人が きっと僕でありますように

(であったはるのよるうまれたあのこいは)

出逢った春の夜 生まれたあの恋は

(ぼくらがふれあうたびにきずなへとかわっていた)

僕らが触れ合うたびに 絆へと変わっていた

(そしてまたあさがきて)

そしてまた 朝が来て・・・

(もしもきみがきょうというひをなげいたのならば)

もしも君が 今日という日を嘆いたのならば

(ぼくはかならずへいきなかおできみのためにうたっていよう)

僕は必ず 平気な顔で 君のためにうたっていよう

(いたみさえもかなしみさえもあいだとしんじて)

痛みさえも悲しみさえも 愛だと信じて

(さしのべたてをきみはかならずつよくつよく つかんでほしい)

差し伸べた手を 君は必ず 強く強く 掴んで欲しい

(いのるようにかばうようにまもるように)

祈るように 庇うように 守るように

(しあわせをかなでながら)

幸せを 奏でながら

(ほはばあわせisingthislovesong)

歩幅合わせ I sing this love song

(そのひとみにいまぼくらのみらいがうつった)

その瞳に 今僕らの未来が映った

(あいしてるとあきれるくらいいつもいってだきしめるから)

“アイシテル”とあきれるくらい いつも言って抱きしめるから

(よごれのないかぜふくそらをみあげたそのとき)

汚れのない風吹く空を 見上げたその瞬間(とき)

(きみがおもいうかべるひとがきっとぼくでありますように)

君が想い浮かべる人が きっと僕でありますように

(もしもきみがきょうというひをなげいたのならば)

もしも君が 今日という日を嘆いたのならば

(ぼくはかならずへいきなかおできみのためにうたっていよう)

僕は必ず 平気な顔で 君のために うたっていよう

(あいのうたをうたっていよう)

愛の詩(うた)をうたっていよう

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。