おおかみは赤ずきんに恋をした

投稿者kure56プレイ回数653
楽曲情報 おおかみは赤ずきんに恋をした  ひとしずく×やま△  作詞ひとしずく  作曲ひとしずく×やま△
難易度(2.6) 1160打 歌詞 かな 長文モード可タグボカロ 歌詞 おおかみは赤ずきんに恋をした
※このタイピングは「おおかみは赤ずきんに恋をした」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ぐうぜんからはじまるひつぜんのわんしーん)

偶然からはじまる 必然の一場面

(とおくにみえたのはゆれるあかいろ)

遠くに見えたのは 揺れる赤色

(ふしぎなもりのおくでみつけたくろいかげと)

不思議な森の奥で 見つけた黒い影と

(なにかがはじまるよかんこわくてにげだした)

何かが始まる予感 怖くて逃げだした

(であいはおわりにつづくしなりお)

「出会い」は終わりに 続くシナリオ

(だからわざととおまわりをした)

だからわざと遠回りをした

(あいたいなんてふれたいなんてはなしたいなんておもわない)

会いたいなんて 触れたいなんて 話したいなんて思わない

(かよわいきみとずるいぼくが)

かよわい君とずるい僕が

(であうそれがおわりさ)

「出会う」それが終わりさ

(ざんこくだってののしったってうんめいはかわらない)

残酷だって罵ったって運命は変わらない

(ああどうしてきみがどうしてぼくが)

ああどうして君が? どうして僕が?

(おおかみとあかずきんなんだ)

おおかみと赤ずきんなんだ

(きっときみはきょうもこのみちをおとずれる)

きっと君は今日もこの道を訪れる

(そしてぼくはきょうもずっとみまもるしかできない)

そして僕は今日もずっと 見守るしかできない

(きみはあのきのさきでいつもどおりかくれてる)

君はあの木の先で いつもどおり隠れてる

(わたしはきづかぬふりしたままとおりすぎた)

私は気づかぬ振りしたまま 通り過ぎた

(しせんはからまないこえはとどかない)

視線は絡まない 声は届かない

(ためいきだけがむなしくかさなる)

ため息だけがむなしく重なる

(あえなくたってふれなくたってはなせなくたっていいから)

会えなくたって 触れなくたって 話せなくたっていいから

(たよりないきみとぎこちないぼくが)

頼りない君とぎこちない僕が

(そこにいるだけでいいんだ)

そこに居るだけでいいんだ

(これがこいだっていわないなら)

これが恋だって言わないなら

(ことばなんてなくていい)

言葉なんて無くていい

(ああかんがえたってかんがえたって)

ああ考えたって 考えたって

(えんでぃんぐはかわらない)

エンディングは変わらない

(あいたかったんだふれたかったんだはなしたかったほんとは)

会いたかったんだ 触れたかったんだ 話したかったほんとは

(かわいいきみとやさしいぼくが)

かわいい君と優しい僕が

(であいむすばれるえんど)

出会い結ばれる結末

(なんかいだってなんかいだって)

何回だって 何回だって

(かみさまにねがったよでも)

神様に願ったよ でも

(かなしいくらいかなしいくらい)

悲しいくらい 悲しいくらい

(おおかみとあかずきんなんだ)

おおかみと赤ずきんなんだ

(ないてるきみをなぐさめたくて)

泣いてる君を慰めたくて

(のばしたうでがふるえる)

伸ばした腕が震える

(あいしているよだきしめたいよ)

愛しているよ 抱きしめたいよ

(だけどできないんだよ)

だけど できないんだよ

(どうあがいたってどうねがったって)

どうあがいたって どう願ったって

(つめもきばもきえない)

爪も牙も消えない

(だからただまってるよ)

だから ただ待ってるよ

(きみのなみだがやむまであのきのさきで)

君の涙が止むまで あの木の先で

(ずっと)

ずっと

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。