それは恋の終わり

投稿者弥涙ーやなープレイ回数311
楽曲情報 それは恋の終わり  まふまふ  作詞まふまふ  作曲まふまふ
難易度(2.3) 929打 歌詞 かな 長文モード可タグまふまふ 神楽色アーティファクト 歌い手 AftertheRain
※このタイピングは「それは恋の終わり」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(あせばむおんどをかぜにのせて)

汗ばむ温度を風に乗せて

(このなつさいごのはなびをみるんだ)

この夏最後の花火を見るんだ

(ゆうひのかげがよるをつれた)

夕日の影が夜を連れた

(このなつさいごのぼくらのゆめ)

この夏最後のボクらの夢

(ふいのしせんとくろいながかみをゆわいた)

不意の視線と黒い長髪を結わいた

(ゆかたすがたときゃしゃなせなか)

浴衣姿と華奢な背中

(たそがれどきのむこうぱーっと)

黄昏時の向こう ぱーっと

(あのそらに)

あの空に

(はなびがあがってきみがほほえんで)

花火が上がって 君が微笑んで

(そのありふれたひびがすべてで)

その有り触れた日々が全てで

(それだけだった)

それだけだった

(よぞらをきかざるひかりのつぶに)

夜空を着飾る光の粒に

(おくれておとがする)

遅れて音がする

(それがこいのおわりとしらずに)

それが恋の終わりと知らずに

(きみにわらいかけてた)

君に笑いかけていた

(こころがどこかそぞろなのは)

心がどこか漫ろなのは

(げたがこすれていたむからだっけ)

下駄が擦れて痛むからだっけ

(ほはばもなにもあわないのは)

歩幅も何も合わないのは

(ひとめをさけてあるいたから)

人目を避けて歩いたから?

(からっぽのてすらうめられない)

空っぽの手すら埋められない

(いくじなしのさいしゅうれっしゃ)

意気地なしの最終列車

(らむねのこきゅうにとじこもる)

ラムネの呼吸に閉じこもる

(このびーだまみたいに)

このビー玉みたいに

(あのうみのむこうがわよりも)

あの海の向こう側よりも

(ずっとずっととおいいっぽ)

ずっとずっと遠い一歩

(たとえどれだけちかづいても)

たとえどれだけ近づいても

(そのねがいはもうとおすぎる)

その願いはもう遠すぎる

(はなびがかれんにいろづいてみせる)

花火が可憐に色付いてみせる

(そのくらやみのふかいところに)

その暗闇の深いところに

(きづけなかった)

気づけなかった

(ふたりのすきまをてらすのこりび)

ふたりの隙間を照らす残り火

(おくれておとがする)

遅れて音がする

(うちあがってはにぎわうひとなみ)

打ち上がっては賑わう人波

(きょうははちがつのそら)

今日は8月の空

(それがこいのおわりとしらずに)

それが恋の終わりと知らずに

(きみにわらいかけた)

君に笑いかけいた

(あとすこしのもうすこしの)

あと少しの もう少しの

(うまらないきょりとなつ)

埋まらない距離と夏

(とどかないさわれない)

届かない 触れない

(あのはなびのように)

あの花火のように

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

弥涙ーやなーのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971