暖かい都会から

投稿者ニコル プレイ回数29
楽曲情報 暖かい都会から  teto  作詞小池 貞利  作曲小池 貞利
難易度(4.2) 1465打 歌詞 かな タグteto 邦ロック 歌詞 音楽
teto「暖かい都会から」
「夢が夢のままで終わらないように目覚まし時計をかけていた」
※このタイピングは「暖かい都会から」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位名前スコア称号打鍵/秒正誤率時間(秒)打鍵数ミス問題日付
1 アルジュナ 3537 D+ 3.7 95.4% 387.8 1440 68 25 2020/01/22

関連タイピング

どろん King Gnu

どろん King Gnu

King Gnu

プレイ回数1032
歌詞かな1674打
Overflow キングヌー

Overflow キングヌー

King Gnu

プレイ回数181
歌詞かな1413打
シーラカンスと僕

シーラカンスと僕

サカナクションのシーラカンスと僕

プレイ回数258
歌詞かな502打
keytalk MABOROSI SUMMER

keytalk MABOROSI SUMMER

プレイ回数265
歌詞かな1131打
未来になれなかったあの夜に

未来になれなかったあの夜に

amazarashi MV出演;横浜流星

プレイ回数355
歌詞かな1761打
へっくしゅん/RADWIMPS

へっくしゅん/RADWIMPS

へっくしゅんのタイピングゲームです。

プレイ回数140
歌詞2148打

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ちょうちょむすびでしめたおもいでをそっととおくについてひらいたら)

蝶々結びで締めた思い出を そっと遠くについて開いたら

(かじゅうひゃくぱーせんとのせんどでよみがえったむかしのわたし)

果汁100%の鮮度で蘇った 昔の私

(ゆめがゆめのままでおわらないようにめざましどけいをかけていた)

夢が夢のままで終わらないように目覚まし時計をかけていた

(なんじなんどきあすがきたっていいようにぽけっとからてをだしていた)

何時何時明日が来たっていいようにポケットから手をだしていた

(みみもとでざれごとをささやくこあくまなんかはこわくはなかったしらなかった)

耳元で戯言を囁く小悪魔なんかは怖くはなかった 知らなかった

(あいかわらずどうぞくけんおともうそうしてんの?ってみすかしていおう)

「相変わらず同族嫌悪と妄想してんの?」って見透かし帝王

(かなうかなうとじしょうあたたかいとかいからみくだすきぶんはどうだい)

「叶う叶う」と自称暖かい都会から見下す気分はどうだい

(ほんねなんておいておいてよけいなおせわだってけってじかんがたってはって)

本音なんて置いておいて余計なお世話だって蹴って時間が経って這って

(いつしかほんとうのところほんもののこころなんてものはなくなっていたあさはかだ)

いつしか本当のところ本物の心なんてものは無くなっていた 浅はかだ

(ほんめいなんてほうっておいでよってふぬけたこえでさそってまぬけにはんせい、ざんげ)

本命なんて放っておいでよって腑抜けた声で誘って間抜けに反省、懺悔

(さゆうぜんごうんどうのたしょうめんどうくさいかじょうなあいとしかおもえないあたまがあだになった)

左右前後運動の多少面倒臭い過剰な愛としか思えない頭が仇になった

(ざっとうのなかにうもれたまましゃっとあうとしてやっとめをとじた)

雑踏の中に埋もれたままシャットアウトしてやっと目を閉じた

(ゆめがゆめのままでおわらないようにめざましどけいをかけていた)

夢が夢のままで終わらないように目覚まし時計をかけていた

(なんじなんどきあすがきたっていいようにぽけっとからてをだしていた)

何時何時明日が来たっていいようにポケットから手をだしていた

(くものうえにくもがあってくしくもあすのてんきはきまってるとは)

雲の上に雲があって奇しくも明日の天気は決まってるとは

(しらなかったんしらなかったんだ)

知らなかったん 知らなかったんだ

(まわりまわりのまわりまわるとれんどとくうどうなこめんとでよごれた)

周り周りの回り回るトレンドと空洞なコメントで汚れた

(きょうせんざいではおちないせんさいなぎしんあんきとぎぜんたんちき)

強洗剤では落ちない繊細な疑心暗鬼と偽善探知機

(ほんねなんておいておけよけいなおせわだってけってじかんがたってはって)

本音なんて置いておけ余計なお世話だって蹴って時間が経って這って

(いつしかほんとうのところほんもののこころなんてものはなくなっていたあさはかだ)

いつしか本当のところ本物の心なんてものは無くなっていた 浅はかだ

(ほんめいなんてほうっておいでよってふぬけたこえでさそってまぬけにはんせい、ざんげ)

本命なんて放っておいでよって腑抜けた声で誘って間抜けに反省、懺悔

(さゆうぜんごうんどうのたしょうめんどうくさいかじょうなあいとしかおもえないあたまがあだになった)

左右前後運動の多少面倒臭い過剰な愛としか思えない頭が仇になった

(ざっとうのなかでもまれたまましゃっとあうとしてそっとめをとじた)

雑踏の中で揉まれたままシャットアウトしてそっと目を閉じた

(びるとびるをかけぬけるありふれたしんとしんぶで)

ビルとビルを駆け抜けるありふれた新都心部で

(くものいとをまつじゅんばんまちのもはんかいとうしゃ)

蜘蛛の糸を待つ順番待ちの模範解答者

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。
※ランキング登録した名前で投稿されます。

ニコルのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971