宗教におかされているのではないか。

投稿者熱注射プレイ回数327
楽曲情報 宗教に犯されているのではないか。  作詞Haniwa  作曲Haniwa
難易度(3.0) 1370打 歌詞 かな 長文モード可タグボカロ 結月ゆかり
Haniwaさんの「宗教におかされているのではないか。」です。
※このタイピングは「宗教に犯されているのではないか。」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 うた 3545 D+ 4.0 89.2% 339.9 1370 165 46 2021/06/04
2 fvjgjm 1785 F 1.9 92.7% 708.3 1373 108 46 2021/05/06

関連タイピング

  • ヴァンパイア

    ヴァンパイア

    プレイ回数62634
    歌詞かな638打
  • グッバイ宣言/ flower

    グッバイ宣言/ flower

    グッパイ宣言!一番のみなのですぐ終わります!

    プレイ回数41698
    歌詞456打
  • シル・ヴ・プレジデント

    シル・ヴ・プレジデント

    P丸様。1stフルアルバム『Sunny!!』収録曲です

    プレイ回数23099
    歌詞1313打
  • 命に嫌われている。

    命に嫌われている。

    カンザキさんの「命に嫌われている。」です。

    プレイ回数282149
    歌詞1812打
  • シャルル

    シャルル

    愛を 謳って。

    プレイ回数591452
    歌詞かな1065打
  •  KING

    KING

    KanariaさんのKINGの歌詞タイピングです。

    プレイ回数73197
    歌詞819打

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(あなたにはかんじょうがある)

あなたには感情がある

(あなたにはちしきがある)

あなたには知識がある

(あなたにはがいねんがある)

あなたには概念がある

(それにしたがってはんだんをおこす)

それに従って 判断を起こす。

(しらないしずけさがきみをみつめていて)

知らない静けさが君を見つめていて、

(はきけのするおとがただよっている)

吐き気のする音が漂っている。

(つめたいきんぞくのにおいがみみにしみついている)

冷たい金属の匂いが、耳に染み付いている

(それはもうにどときえないみみなりだとわかる)

それはもう、二度と消えない耳鳴りだとわかる。

(さだめられたきまりにしたがったことばばかりのべる)

定められた決まりに従った言葉ばかり述べる

(あまいおとのちょうわがみりょくてきなあおをそうぞうさせる)

甘い音の調和が、魅力的な青を想像させる。

(わたしはにげだそうとたちあがる)

私は「逃げ出そう、と立ち上がる。

(そしてあなたをすくいたいとおもう)

そして、あなたを救いたいと思う

(かわいそうに)

可哀相に。

(かんどうてきなしんこうがきみとぼくをひきつけて)

感動的な進行が、君と僕を惹きつけて、

(そっとたいようをおとすこともない)

そっと太陽を落とすこともない。

(つたえたいしんこうのないにんげんはみとめられないのか)

伝えたい信仰のない人間は認められないのか。

(わたしにはなにもない)

私には何も無い。

(なにもかんがえていない)

何も考えていない。

(あめりかみんようけんきゅうかいはとう)

問。

(へんかのないおとのれんぞくはたいくつである)

「変化の無い音の連続は退屈である

(そうかんじるこころのげんいんはなんだ)

そう感じる心の原因は何だ

(ここではただてつのおとがなるだけだ)

ここではただ、鉄の音が鳴るだけだ

(たんちょうであってしんぽもない)

単調であって進歩もない。

(へいぼんであってかんどうもない)

平凡であって感動もない。

(ぐどんであってみりょくもない)

愚鈍であって魅力もない。

(それはいのちとおなじなのに)

それは命と同じなのに。

(かんじょうのきょうゆうは)

感情の共有は

(きっととつぜんおわる)

きっと突然終わる。

(ほうりだされためのまえに)

放り出された目の前に、

(きょうめいするおとはなくなって)

共鳴する音は無くなって、

(さわぐまつりのまんなかで)

騒ぐ祭りの真ん中で、

(ひとりぼっちでたちつづけるのは、)

独りぼっちで立ち続けるのは、

(とてもかなしいことだったとおもう)

とても悲しいことだったと思う

(わたしはことばをしらぬおろかものであった)

私は言葉を知らぬ愚者であった。

(なにのいみもないただおとだけをならしたいとおもった)

何の意味もない、ただ音だけを鳴らしたいと思った。

(わたしはそれとひとしいものであるとかんがえるからである)

人は、それと等しいものであると考えるからである。

(わたしはそうぞうをつづける)

私は想像を続ける。

(はつねみくはつねにうたわなければならないのか)

初音ミクは常に歌わなければならないのか。

(うたごえがきこえないそのもんだいはじっさいにもんだいであるのか)

歌声が聴こえないその問題は実際に問題であるのか。

(うたがせかいをかえるひつようがあるのか)

歌が世界を変える必要があるのか。

(かんがえろ)

考えろ。

(あなたはおんがくにおかされているのではないか)

あなたは、音楽に犯されているのではないか。

(あなたにはかんじょうがある)

あなたには感情がある

(あなたにはちしきがある)

あなたには知識がある

(あなたにはがいねんがある)

あなたには概念がある

(それにしたがってはんだんをおこせ)

それに従って 判断を起こせ。