アトラクトライト

投稿者りと プレイ回数409 順位1450位
難易度(3.3) 1541打 長文 かな タグボカロ *Luna
アトラクトライトの歌詞タイピングです
一回聞いただけではまってしまった。とっても良い曲。
順位名前スコア称号打鍵/秒正誤率時間(秒)打鍵数ミス問題日付
1 ria 7059 7.3 96.6% 210.2 1538 54 40 2020/02/19
2 ほんまあおい 5066 B+ 5.6 91.0% 270.6 1521 150 40 2020/01/09
3 a 5040 B+ 5.1 97.0% 295.0 1533 46 40 2020/01/07
4 炎炎の消防隊 2711 E 2.9 91.2% 512.3 1536 147 40 2019/12/25

関連タイピング

絶対にできるようになる タイピング

絶対にできるようになる タイピング

本当にできるようになります(事実)

プレイ回数153726
かな30秒
シャルル

シャルル

愛を 謳って。

プレイ回数337242
歌詞かな1065打
アスノヨゾラ哨戒班

アスノヨゾラ哨戒班

君が笑う再会の夜空へ。

プレイ回数123382
歌詞980打
命に嫌われている。

命に嫌われている。

カンザキさんの「命に嫌われている。」です。

プレイ回数129992
歌詞1811打
天ノ弱 歌詞打

天ノ弱 歌詞打

GUMI 天ノ弱

プレイ回数186483
歌詞かな988打
シャルル 一番のみ

シャルル 一番のみ

シャルルの一番だけなのですぐおわります

プレイ回数2510
歌詞かな417打

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(まだあおくてつたないもろくてたりない)

まだ青くて拙い脆くて足りない

(ちいさくてよわくてどうしようもないぼくだ)

小さくて弱くてどうしようもない僕だ

(しりたかったんだせいこうとしっぱいまるとばつの)

知りたかったんだ成功と失敗マルとバツの

(きょうかいせんをひくとしたらどこだろう)

境界線を引くとしたらどこだろう

(それじゃあばつがまるになってしっぱいをのりこえたとしたら)

それじゃあバツがマルになって失敗を乗り越えたとしたら

(それをなんとよぶんだいいつかなまえをつけよう)

それをなんと呼ぶんだいいつか名前をつけよう

(ゆめはかなわないねがいはとどかない)

夢は叶わない願いは届かない

(だからあるくのをやめてしまうのか)

だから歩くのを止めてしまうのか

(どりょくはむくわれないだれもみとめてくれない)

努力は報われない誰も認めてくれない

(だからはしるのをやめてしまうのか)

だから走るのを止めてしまうのか

(とまってしまうのか)

止まってしまうのか

(やめてしまいたいりゆうならじゅうもひゃくもせんもあった)

辞めてしまいたい理由なら10も100も1000もあった

(でもそのすべてがちっぽけにみえるひとつがあった)

でもその全てがちっぽけに見える一つがあった

(にげだすためのことばならあきるほどうかんだ)

逃げ出すための言葉なら飽きるほど浮かんだ

(でもそれをこぼさないだけのかがやきがあった)

でもそれを零さないだけの輝きがあった

(しりたかったんだあしたときょうの)

知りたかったんだ明日と今日の

(おとなとこどものきょうかいせんをひくとしたらどこだろう)

大人と子供の境界線を引くとしたらどこだろう

(おとなになったらあれになりたいってみんないうんだけれど)

大人になったらあれに成りたいってみんな言うんだけれど

(じゃあなににもなれないんだろうかきょうのぼくは)

じゃあ何にもなれないんだろうか今日の僕は

(さんねんまえだれかがゆうぞらになげたいいわけは)

三年前誰かが夕空に投げた言い訳は

(もうわすれたひつようのないことばだ)

もう忘れた必要のない言葉だ

(いつかくちずさむうたにでもしよう)

いつか口ずさむ歌にでもしよう

(みちしるべなんてないだれもおしえてくれない)

道標なんてない誰も教えてくれない

(だからあしあとはまじわったんだであえたんだ)

だから足跡は交わったんだ出会えたんだ

(こわしてしまいたいよるならじゅうもひゃくもせんもあった)

壊してしまいたい夜なら10も100も1000もあった

(でもそのすべてをとびこえるはねをもっていたんだ)

でもその全てを飛び越える羽を持っていたんだ

(あのひはじまったものがたりはどこにむかうんだろうか)

あの日始まった物語はどこに向かうんだろうか

(あすからのぼくにかすしゅくだいがふえたみたいだ)

明日からの僕に課す宿題が増えたみたいだ

(よこいちれつですたーとをきったあのひのぼくらはもういない)

横一列でスタートを切ったあの日の僕らはもういない

(きみのいくばしょにぼくのいくばしょにそれぞれはひつようないから)

君の行く場所に僕の行く場所にそれぞれは必要ないから

(いくつものざせつをこえていくつものふゆをこえて)

いくつもの挫折を超えていくつもの冬を超えて

(はながひらくようにあおいほうせきがかがやくように)

花が開くように青い宝石が輝くように

(だってみつけたんだまぶしくてしかたないんだ)

だって見つけたんだ眩しくて仕方ないんだ

(そのひかりのしょうたいは)

その光の正体は

(やめてしまいたいりゆうならじゅうもひゃくもせんもあった)

辞めてしまいたい理由なら10も100も1000もあった

(でものすべてがちっぽけにみえたのはどうして)

でもその全てがちっぽけに見えたのはどうして

(あのひはじまったものがたりがむかうさきでぼくら)

あの日始まった物語が向かう先で僕ら

(みつけたひかりをてらしあわせてこたえあわせをしよう)

見つけた光を照らし合わせて答え合わせをしよう

(おもいおもいえがくたったひとつの)

思い思い描くたった一つの

(あおくひかるいっしゅんのきらめきを)

青く光る一瞬の煌めきを

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。
※ランキング登録した名前で投稿されます。