百人一首タイピング!①

投稿者キムチプレイ回数459  お気に入り1
難易度(2.7) 602打 長文 かな 長文モード可タグ百人一首 藤原定家 難しい カルタ 国語
小倉百人一首の上の句・下の句をタイピング!(①~⑩)
こんにちは!キムチです。今回から、小倉百人一首の上の句と下の句を打つシリーズを始めます。今回は、No.1からNo.10の百人一首をタイピングして頂きます。尚、問題文には昔の仮名遣いで書いてありますが、打つときは今の読み方で打ってください。難しいですが、あきらめずに頑張ってくださいね。
参考サイト(意味を知りたい方もこちらへどうぞ!)→https://shikinobi.com/hyakuninisshu
間違っているところがありましたら、コメント欄にお書きください。
★今までの私のタイピングも是非!!(シリーズ物もありますよ。)→https://typing.twi1.me/profile/userId/43714e/81669
★私のお気に入り公開もやっています(更新中!)!→https://typing.twi1.me/bookmark/id/12001

★ランキング登録、お気に入り登録、★5、コメントお願いします。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 レマン湖 4721 C++ 4.9 96.0% 127.5 628 26 20 2020/07/06
2 くりクマさん【Y 2675 E 2.9 90.3% 201.1 602 64 20 2020/08/03

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(あきのたのかりほのいおのとまをあらみ)

秋の田のかりほの庵の苫をあらみ

一番歌

(わがころもではつゆにぬれつつ)

わが衣手は露にぬれつつ

作者・天智天皇

(はるすぎてなつきたにけらししろたえの)

春過ぎて夏来にけらし白妙の

二番歌

(ごろもほすちょうあまのかぐやま)

衣干すてふ天の香具山

作者・持統天皇

(あしびきのやまどりのおのしだりおの)

あしびきの山鳥の尾のしだり尾の

三番歌

(ながながしよるをひとりかもねん)

ながながし夜をひとりかも寝む

作者・柿本人麻呂

(たごのうらにうちいでてみればしろたえの)

田子の浦にうち出でて見れば白妙の

四番歌

(ふじのたかねにゆきはふりつつ)

富士の高嶺に雪は降りつつ

作者・山部赤人

(おくやまにもみじふみわけなくしかの)

奥山に紅葉踏み分け鳴く鹿の

五番歌

(こえきくときぞあきはかなしき)

声聞く時ぞ秋は悲しき

作者・猿丸太夫

(かささぎのわたせるはしにおくしもの)

鵲の渡せる橋に置く霜の

六番歌

(しろきをみればよぞふけにける)

白きを見れば夜ぞ更けにける

作者・大伴家持

(あまのはらふりさけみればかすがなる)

天の原ふりさけ見れば春日なる

七番歌

(みかさのやまにいでしつきかも)

三笠の山に出でし月かも

作者・安倍仲麿

(わがいおはみやこのたつみしかぞすむ)

わが庵は都のたつみしかぞ住む

八番歌

(よをうじやまとひとはいうなり)

世をうぢ山と人はいふなり

作者・喜撰法師

(はなのいろはうつりにけりないたずらに)

花の色は移りにけりないたづらに

九番歌

(わがみよにふるながめせしまに)

わが身世にふるながめせし間に

作者・小野小町

(これやこのゆくもかえるもわかれては)

これやこの行くも帰るも別れては

十番歌

(しるもしらぬもおうさかのせき)

知るも知らぬも逢坂の関

作者・蝉丸

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

キムチのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード