百人一首タイピング!⑩

投稿者キムチプレイ回数376  お気に入り1
難易度(2.7) 594打 長文 かな 長文モード可タグ百人一首 藤原定家 難しい カルタ 国語
小倉百人一首の上の句・下の句をタイピング!(91~100)
こんにちは!キムチです。今回は、小倉百人一首のNo.91からNo.100の上の句・下の句をタイピングして頂きます。とうとうこの企画も最終回です。あっという間に終わりになってしまいました…。97番歌は、ちゃっかり藤原定家の句が有るのが面白いですね。尚、問題文には昔の仮名遣いで書いてありますが、打つときは今の読み方で打ってください。難しいですが、あきらめずに頑張ってくださいね。作者名も是非見てみてください。
参考サイト(意味を知りたい方もこちらへどうぞ!)→https://shikinobi.com/hyakuninisshu
間違っているところがありましたら、コメント欄にお書きください。
★今までの私のタイピングも是非!!(シリーズ物もありますよ。)→https://typing.twi1.me/profile/userId/43714e/81669
★私のお気に入り公開もやっています(更新中!)!→https://typing.twi1.me/bookmark/id/12001

★ランキング登録、お気に入り登録、★5、コメントお願いします。

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(きりぎりすなくやしもよのさむしろに)

きりぎりす鳴くや霜夜のさむしろに

(ころもかたしきひとりかもねん)

衣かたしきひとりかも寝む

(わがそではしおひにみえぬおきのいしの)

わが袖は潮干に見えぬ沖の石の

(ひとこそしらねかわくまもなし)

人こそ知らねかわく間もなし

(よのなかはつねにもがもななぎさこぐ)

世の中は常にもがもな渚漕ぐ

(あまのこぶねのつなでかなしも)

海人の小舟の綱手かなしも

(みよしののやまのあきかぜさよふけて)

み吉野の山の秋風さよ更けて

(ふるさとさむくころもうつなり)

ふるさと寒く衣打つなり

(おおけなくうきよのたみにおおうかな)

おほけなく憂き世の民におほふかな

(わがたつそまにすみぞめのそで)

わが立つ杣に墨染の袖

(ばなさそうあらしのにわのゆきならで)

花さそふ嵐の庭の雪ならで

(ふりゆくものはわがみなりけり)

ふりゆくものはわが身なりけり

(こぬひとをまつほのうらのゆうなぎに)

来ぬ人をまつほの浦の夕なぎに

(やくやもしおのみもこがれつつ)

焼くや藻塩の身もこがれつつ

(かぜそよぐならのおがわのゆうぐれは)

風そよぐ楢の小川の夕暮は

(みそぎぞなつのしるしなりける)

御禊ぞ夏のしるしなりける

(ひともをしひともうらめしあじきなく)

人もをし人も恨めしあぢきなく

(よをおもうゆえにものおもうみは)

世を思ふゆゑにもの思ふ身は

(ももしきやふるきのきばのしのぶにも)

百敷や古き軒端のしのぶにも

(なおあまりあるむかしなりけり)

なほ余りある昔なりけり

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

キムチのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード