茜空 手越祐也/京本大我

投稿者アイリプレイ回数1320
楽曲情報 茜空  京本大我、手越祐也  作詞京本大我  作曲手越祐也
難易度(2.2) 617打 歌詞 かな 長文モード可タグNEWS 手越祐也 SixTONES 京本大我 ジャニーズ
作詞/京本大我、作曲/手越祐也
詞をSixTONESの京本大我さん、曲をNEWSの手越祐也さんが手掛けた曲です。
1/22に共に、SixTONESがデビュー、また、シングル「Imitation Rain」発売、そしてNEWSのLIVEDVD「2018-2019 EPCOTIA-ENCORE-」が発売と、奇しくも日にちが重なりました。
そのNEWSの円盤に、お二方が手掛けた「茜空」を手越祐也さんがソロで歌われています。
この曲は2016年に京本大我さんが「少年たち 危機一髪!」で初披露されました。制作には4ヶ月程かかったそうです。
また、ジャニーズJr.祭り2018のSixTONES単独公演でも自身のソロ曲として選曲されました。
※このタイピングは「茜空」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 5459 B++ 5.6 96.4% 108.8 617 23 28 2021/10/19
2 ほくほくとまと 2122 F+ 2.3 89.6% 257.3 617 71 28 2021/11/29

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(はてなくひろがるうみのむこうに)

果てなく広がる海の向こうに

(ふたりのみらいをかさねたりして)

二人の未来を重ねたりして

(しずかにささやくなみのこえが)

静かに囁く 波の声が

(きみをあどけないほほえみにかえる)

君をあどけない微笑みに変える

(うつむきはじめたたいよう)

俯き始めた太陽

(せつなさにじむよこがお)

切なさ滲む横顔

(きょうがおもいでになるまえに)

今日が想い出になる前に

(このむねにやきつけて)

この胸に焼き付けて

(あかねいろのそらがいま)

茜色の空が今

(ぼくらつつみこむように)

僕ら包み込むように

(ぎこちないふたつのかげが)

ぎこちない 二つの影が

(そっとのびてかさなりあった)

そっと伸びて重なり合った

(すなおですんだひとみが)

素直で澄んだ瞳が

(すこしちいさなそのてが)

少し小さなその手が

(はかないほどいとおしくて)

儚いほど 愛おしくて

(ときよとまれとねがった)

時よ止まれと願った

(こいにもいつかは)

恋にもいつかは

(おわるときがくるというけど)

終わる時が来るというけど

(なみうちぎわにえがいたゆめ)

波打ち際に描いた夢

(とわにつむいでいこう)

永遠に紡いでいこう

(あかねいろのそらがいま)

茜色の空が今

(ぼくらつつみこむように)

僕ら包み込むように

(どこまでもきらめきながら)

どこまでも 煌きながら

(ふたりのきょりちぢめてくれる)

二人の距離縮めてくれる

(きみとえらんだみちなら)

君と選んだ道なら

(いつまでもてをつないで)

いつまでも手を繋いで

(うみのさきにうつるみらい)

海の先に 映る未来

(ぼくがまもっていくから)

僕が守っていくから

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!