太陽

投稿者たこ焼きプレイ回数170
楽曲情報 太陽  BUMP OF CHICKEN  作詞藤原 基央  作曲藤原 基央
難易度(2.4) 1151打 歌詞 かな 長文モード可タグ太陽 BUMP OF CHICKEN 歌詞
BUMP OF CHICKEN
※このタイピングは「太陽」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(にどとあさにはであわない)

二度と朝には出会わない

(まどのないへやでどうぶつがいっぴき)

窓の無い 部屋で動物が一匹

(どあのぶがこわれかけていて)

ドアノブが壊れ かけていて

(ふれたらさいごとれてしまいそうだ)

触れたら最後 取れてしまいそうだ

(このくらいさむいほうがいい)

このくらい寒い 方がいい

(ほんとうのふるえにきづかないですむ)

本当の震えに 気付かないで済む

(ふゆかいもふじゆうもない)

不愉快も不自由も無い

(そのぎゃくもはじめからない)

その逆も 初めから無い

(たとえばわらってみろよ)

例えば 笑ってみろよ

(こっちもひたすらわらえるさ)

こっちも ひたすら 笑えるさ

(そらのらいとがてらしてくれた)

空のライトが 照らしてくれた

(ぼくにはすこしまぶしすぎた)

僕には 少し眩しすぎた

(そしてだれもがくちをそろえて)

そして誰もが 口を揃えて

(かげしかみえないといった)

「影しか見えない」といった

(にどとあさにはであわない)

二度と朝には出会わない

(まどのないへやでしんぞうがひとつ)

窓の無い 部屋で心臓が一つ

(めをとじていてもひらいてみても)

目を閉じていても開いてみても

(ひろがるのはまっくろなせかい)

広がるのは 真っ黒な世界

(たとえばないてみろよ)

例えば 泣いてみろよ

(こっちはそれすらわらえるさ)

こっちは それすら 笑えるさ

(きみのらいとでてらしてくれた)

君のライトで 照らしてくれた

(あたたかくてさむけがした)

暖かくて寒気がした

(ひかりのむこうのきみのすがたが)

光の 向こうの 君の姿が

(ぼくにはみえないとしった)

僕には見えないと知った

(かくれんぼしてたひがくれてった)

かくれんぼしてた 日が暮れてった

(みつからないままくらくなっちゃった)

見つからないまま 暗くなっちゃった

(みんなかえってったるららるらら)

皆帰ってった ルララルララ

(かくれんぼしてたずっとまってた)

かくれんぼしてた ずっと待ってた

(たとえばしんじてくれよ)

例えば 信じてくれよ

(こっちはなおさらうたがうさ)

こっちは なおさら疑うさ

(それよりさわってくれよ)

それより 触ってくれよ

(かげすらとけてくせかいで)

影すら 溶けてく 世界で

(かげじゃないぼくのかたちを)

影じゃない僕の形を

(きみのらいとをこわしてしまった)

君のライトを 壊してしまった

(まどのないへやにきてほしかった)

窓の無い 部屋に来てほしかった

(それがあやまちだとすぐにりかいした)

それが過ちだと すぐに理解した

(ぼくをさがしにきてくれてた)

僕を探しに 来てくれてた

(ひかりのむこうのきみのすがたが)

光の 向こうの 君の姿が

(えいえんにみえなくなってしまった)

永遠に見えなくなってしまった

(それがみたかったんだときづいた)

それが見たかったんだと気づいた

(もういちどあさとであえるのなら)

もう一度朝と出会えるのなら

(まどのないへやににんげんがひとり)

窓の無い 部屋に人間が一人

(どあのぶがこわれかけていて)

ドアノブが壊れかけていて

(とれたらさいごもうでられはしない)

取れたら最後 もう出られはしない

(でれたらさいごもうもどれはしない)

出れたら最後 もう戻れはしない

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。