上村ひなのソロ曲

投稿者しゅーとプレイ回数568
楽曲情報 一番好きだとみんなに言っていた小説のタイトルを思い出せない  日向坂46  作詞秋元 康  作曲辻村 有記
難易度(2.1) 1638打 歌詞 かな 長文モード可タグ日向坂46 上村ひなの ソロ曲 けやき坂46
一番好きだとみんなに言っていた小説のタイトルを思い出せない
※このタイピングは「一番好きだとみんなに言っていた小説のタイトルを思い出せない」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(いちばんすきだとみんなにいっていた)

一番好きだとみんなに言っていた

(しょうせつのたいとるを)

小説のタイトルを

(ぜんぜんおもいだせないのは)

全然 思い出せないのは

(ほんとはそんなすきじゃないんだ)

ホントはそんな好きじゃないんだ

(すきじゃないんだ)

好きじゃないんだ

(ぼくがなりたいぼくをおいかけても)

僕がなりたい僕を 追いかけても

(うでをするりとすりぬけて)

腕をするりとすり抜けて

(どこかしらないばしょへきえてく)

どこか知らない場所へ消えてく

(りそうなんて)

理想なんて

(ひげんじつてきな)

非現実的な

(ゆめものがたりじゃないか)

夢物語じゃないか

(ただのくちあたりのいい)

ただの口当たりのいい

(あきらめさせないためのにんじんだろ)

諦めさせないための人参だろ?

(いでんしくみかえされた)

遺伝子組み換えされた

(そんなよくぼうのでぐち)

そんな欲望の出口

(ぼうきゃくしかないんだ)

忘却しかないんだ

(しらぬあいだに)

知らぬ間に

(あきらめることだけが)

あきらめることだけが

(じょうずになってきたきがする)

上手になって来た気がする

(おとなになるっていうのは)

大人になるっていうのは

(そういうことだってわかった)

そういうことだってわかった

(おぼえなくていいことばかり)

覚えなくていいことばかり

(あたまにまんたんなんだ)

頭に満タンなんだ

(いちばんすきだとじぶんでおもってた)

一番好きだと自分で思ってた

(しょうせつのたいとるが)

小説のタイトルが

(なかなかでてこなかったのは)

なかなか 出て来なかったのは

(たぶんそんなすきじゃないんだ)

たぶん そんな好きじゃないんだ

(ひとはなりたいじぶんになれないから)

人間はなりたい自分になれないから

(おもいなやんでいらだって)

思い悩んで苛立って

(だきょうしながらみえをはるんだ)

妥協しながら見栄を張るんだ

(ほんとうなんて)

〝本当"なんて

(じこしんこくには)

自己申告には

(せっとくりょくがないね)

説得力がないね

(たにんからみえるぼくが)

他人から見える僕が

(どうおもわれたいのかのこうじつさ)

どう思われたいのかの口実さ

(いんしょうそうさするように)

印象操作するように

(ちてきですたいりっしゅな)

知的でスタイリッシュな

(いめーじがほしいんだ)

イメージが欲しいんだ

(そんなけいはくな)

そんな軽薄な

(ほんねをけいべつしてる)

本音を軽蔑してる

(じぶんにきづかないふりして)

自分に気づかないふりして

(あいかわらずぼくはずっと)

相変わらず僕は ずっと

(むかしからのうそをとおしてる)

昔からの嘘を通してる

(もうつじつまあわなくなって)

もう辻褄 合わなくなって

(なんだかにげだしたい)

なんだか逃げ出したい

(いちばんすきだとみんなにいっていた)

一番好きだとみんなに言っていた

(しょうせつのすとーりーに)

小説のストーリーに

(じしんがなくなってきたのは)

自信がなくなって来たのは

(さいごまではよんでないのかな)

最後までは読んでないのかな

(ひょうしのでざいんも)

「表紙のデザインも

(そこにかいてあるじたいも)

そこに書いてある字体も

(おぼえているのに)

覚えているのに、

(しょうせつのたいとるがおもいだせない)

小説のタイトルが思い出せない

(どうしてもきもちわるくて)

どうしても気持ち悪くて

(じっかのぼくのへやのほんだなもつくえのうえもおしいれもさがしたのに)

実家の僕の部屋の本棚も机の上も押し入れも探したのに、

(そんなしょうせつはどこにもなかった)

そんな小説はどこにもなかった」

(それははじめから)

それは初めから

(あったのかな)

あったのかな

(そうぞうのなかの)

想像の中の

(きおくじゃないか)

記憶じゃないか

(どこかでかってに)

どこかで勝手に

(つくりあげて)

作り上げて

(だいじにしてきた)

大事にしてきた

(りそうのぼくだ)

理想の僕だ

(いちばんすきだとじぶんでおもってた)

一番好きだと自分で思ってた

(しょうせつのたいとるが)

小説のタイトルが

(なかなかでてこなかったのは)

なかなか 出て来なかったのは

(たぶんそんなすきじゃないだけ)

たぶん そんな好きじゃないだけ

(いちばんすきだといってたしょうせつを)

一番好きだと言ってた小説を

(わすれるわけがないだろう)

忘れるわけがないだろう

(もともとそんざいしなかった)

元々 存在しなかった

(だれもしらないなにかほしくてぼくは)

誰も知らない何か欲しくて 僕は…

(すきじゃないのか)

好きじゃないのか

(すきじゃないのか)

好きじゃないのか

(すきじゃないのか)

好きじゃないのか

(すきじゃないんだ)

好きじゃないんだ

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。