帰郷−混声合唱とピアノのための-

投稿者あか兜プレイ回数57
楽曲情報 帰郷 -混声合唱とピアノのための-  作詞谷川俊太郎  作曲三宅悠太
難易度(2.7) 512打 歌詞 かな 長文モード可タグ合唱曲 歌詞
合唱曲
谷川俊太郎さんの詩をもとにつくられた曲です!
※このタイピングは「帰郷 -混声合唱とピアノのための-」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 隼人も 5564 全国優良賞 5.6 97.8% 89.5 509 11 17 2020/10/10

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(わたしがうまれたとき)

私が生まれた時

(わたしのおもさだけちがないた)

私の重さだけ地が泣いた

(わたしはしょうりょうのてんとちでつくられた)

私は少量の天と地でつくられた

(べつにいきをふきかけないでもよかった)

別に息をふきかけないでもよかった

(てんもちもいきていたから)

天も地も生きていたから

(わたしがうまれたとき)

私が生まれた時

(にわのくりのきがちょっとふりむいた)

庭の栗の木が一寸(ちょっと)ふり向いた

(わたしはいっしゅんなきやんだ)

私は一瞬泣きやんだ

(べつにてんしがきをゆすぶったわけでもない)

別に天使が木をゆすぶった訳でもない

(わたしときとはきょうだいだったのだから)

私と木とは兄弟だったのだから

(わたしがうまれたとき)

私が生まれた時

(こすもすはいそがしいなかをほほえんだ)

世界(コスモス)は忙しい中を微笑んだ

(わたしはただちにしあわせをしった)

私は直ちに幸せを知った

(べつにひとにあいされたからでもない)

別に人に愛されたからでもない

(わたしはただせかいのなかにいきるすばらしさにきづいたのだ)

私は只世界の中に生きるすばらしさに氣づいたのだ

(やがてしがわたしをふるいちつじょにくりいれる)

やがて死が私を古い秩序にくり入れる

(それがかえることなのだ)

それが帰ることなのだ。。。。

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

あか兜のタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971