歌詞打 星のない世界

投稿者綺羅プレイ回数505
楽曲情報 星のない世界  aiko  作詞AIKO  作曲AIKO
難易度(4.0) 862打 歌詞 長文モード可タグ歌詞
aikoさんの「星のない世界」です!
※このタイピングは「星のない世界」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(あたしのかみがのびておどろくほどひさしぶりになってしまわぬように)

あたしの髪が伸びて驚く程久しぶりになってしまわぬ様に

(きのうよりすこしだけおおめにあたしのことをかんがえてほしい)

昨日より少しだけ多めにあたしの事を考えてほしい

(はじめてあったひにもういちどあいにいってそしてまたおなじように)

初めて逢った日にもう一度逢いに行って そしてまた同じ様に

(ぎこちなくあっためのおくにいるあたしをあいしてほしい)

ぎこちなく合った目の奥にいるあたしを愛してほしい

(ほしがないせかいならめをとじてしょうめいするのに・・・)

星がない世界なら 目を閉じて証明するのに…

(とてもだいじなたからものをあたしはやっとてにいれたんだ)

とても大事な宝物をあたしはやっと手に入れたんだ

(むねがやみそうでふあんにおぼれそうになったら)

胸が病みそうで不安に溺れそうになったら

(まっすぐにあなたをおもいだすよ)

真っ直ぐにあなたを思い出すよ

(あなたのりょうてはもうふゆるしてくれるならつよくこわれぬように)

あなたの両手は毛布 許してくれるなら 強く壊れぬ様に

(おもいでのかえるあたたかいにおいとともにだきしめてほしい)

思い出の帰る温かい匂いと共に抱きしめてほしい

(なつがくるてまえのさめたかぜがくびをさらった)

夏が来る手前の 冷めた風が首をさらった

(しらないあいだにあなたにもらった)

知らない間にあなたにもらった

(なんどもてをあらうくせそらみあげること)

何度も手を洗うクセ空見上げる事

(おもいがうごいてゆくおとをかけぬけるときのなかできいた)

想いが動いてゆく音を駆け抜ける時の中で聞いた

(かこもみらいもこころのそこはいつもひとりだとおもってたから)

過去も未来も心の底はいつも一人だと思ってたから

(ぜんぶがまんしてやっとあふれだしたなみだに)

全部我慢してやっと溢れ出した涙に

(ほんとうのこいをはじめてしった)

本当の恋を初めて知った

(とてもだいじなたからものをあたしはやっとてにいれたんだ)

とても大事な宝物をあたしはやっと手に入れたんだ

(むねがやみそうでふあんにおぼれそうになったら)

胸が病みそうで不安に溺れそうになったら

(まっすぐにあなたをおもいだすよ)

真っ直ぐにあなたを思い出すよ

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!