Frontier

投稿者ROOKプレイ回数14
楽曲情報 FRONTIER  Fairy April  作詞大塚 剛毅  作曲古川 貴浩
難易度(3.4) 1150打 歌詞 長文モード可タグゲーム バンドやろうぜ! バンやろ! OSIRIS Fairy April
OSIRIS&Fairy April
※このタイピングは「FRONTIER」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(みあげたそらのいろきみはどうみえているだろう?)

見上げた空の色 君はどう見えているだろう?

(おなじみちのうえでふいにといかけた)

同じ道の上で ふいに問いかけた

(あたりまえのにちじょうはぼくらのきせきだったんだ)

当たり前の 日常は僕らの奇跡 だったんだ

(まよわずいっぽふみしめて)

迷わず一歩 踏みしめて

(ずっと)

ずっと

(おわらないめろでぃーを)

終わらないメロディーを

(かなでよう)

奏でよう

(たびのはざまでまじわるゆめであいのなかでうまれるもの)

旅の狭間で交わる夢 出会いの中で生まれるもの

(かがやきをなくさぬようにただかたちにして)

輝きを失くさぬように ただ 形にして

(たびじのはてにみたけしきをいつかたがいがほこれるみらいに)

旅路の果てに見た景色を いつか互いが誇れる未来に

(できたときにはかおあわせてまたくちずさもう)

出来た時には顔合わせて また 口ずさもう

(はるか(はるか)さきを(さきを)めざせ(めざせ)いま)

遥か(遥か) 先を(先を) 目指せ(目指せ) 今

(かぜにふかれながら)

風に吹かれながら

(ながくのびたかげがぼくらのかたちでつらなる)

長く伸びた影が 僕らの形で連なる

(みなれたしるえっとみうしなわないように)

見慣れたシルエット 見失わないように

(ときにとまどいくじけながらここまできたけど)

時に戸惑い 挫けながらここまで 来たけど

(でもゆずれないおとだけは)

でも譲れない 音だけは

(きっと)

きっと

(いつもこころのなかで)

いつも心の中で

(きえない)

消えない

(いきどまりならとおまわりして)

行き止まりなら 遠回りして

(あめがふったらあびてはしろう)

雨が降ったら 浴びて走ろう

(ちずにもえがかれていないもくてきちにむかう)

地図にも描かれていない 目的地に向かう

(こんぱすはずっとひがしをさし)

コンパスはずっと 東を指し

(ぼくらをよんでゆめをみせるだろう)

僕らを呼んで 夢を見せるだろう

(ひきよせられるあついおもいはそっともえつづける)

引き寄せられる熱い想いは そっと 燃え続ける

(はるか(はるか)さきを(さきを)めざせ(めざせ)いま)

遥か(遥か) 先を(先を) 目指せ(目指せ) 今

(かぜにふかれながら)

風に吹かれながら

(やまないこえをきかせてくれそのひとことがせなかをおす)

止まない声を聞かせてくれ そのひとことが背中を押す

(おいかぜのようにつつみこんでつよいちからになる)

追い風のように包み込んで 強い力になる

(たびじのはてにみるけしきはきぼうにみちたかがやくみらいさ)

旅路の果てに見る景色は 希望に満ちた輝く未来さ

(ひきよせられたあついおもいはねがいをかなえる)

引き寄せられた熱い想いは 願いを叶える

(はるか(はるか)さきを(さきを)めざせ(めざせ)さあ)

遥か(遥か) 先を(先を) 目指せ(目指せ) さあ

(たびは(ときに)であい(わかれ)くりかえし)

旅は(時に) 出会い(別れ) 繰り返し

(そして(そして)ひとつ(ひとつ)すすめ(すすめ)いま)

そして(そして) ひとつ(ひとつ) 進め(進め) 今

(かぜにふかれながら)

風に吹かれながら

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

ROOKのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971