生まれなかった都市

投稿者ヒラサワスキープレイ回数76
楽曲情報 生まれなかった都市  平沢 進  作詞平沢 進  作曲平沢 進
難易度(2.5) 772打 歌詞 かな 長文モード可タグ平沢進 P-MODEL
近未来も来なかった。。。
※このタイピングは「生まれなかった都市」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ときをとめないるのきしにたつ)

時を止めナイルの岸に立つ

(かくりつのかんしゅなげきをきく)

確率の看守 嘆きを聞く

(そらにせいざのふどうをねたみ)

空に星座の不動を妬み

(つもるれきのちりをすう)

積もる暦の塵を吸う

(ただふくかぜのねむいみのねむりにきて)

ただ吹く 風の音 無意味の眠りに来て

(あのひにきえたととうげんのゆめをみせ)

あの日に 消えたと 桃源の夢を見せ

(ときにとられてちかてつがくる)

時に捕られて地下鉄が来る

(さだめしみやこはまぼろしのえ)

さだめし都は幻の絵

(そらにふどうのとうのまをぬい)

空に不動の塔の間をぬい

(うごめくひとはちりあくた)

うごめく人は塵芥

(まだふくかぜのねおうごんをせにかくし)

まだ吹く 風の音 黄金を背に隠し

(なぜみずすぎたとないるのきしへかえる)

何故見ず 過ぎたと ナイルの岸へ返る

(むすうのれいやーいくえもとおり)

無数のレイヤー 幾重も通り

(きこえるこえはきみのなをよぶ)

聞こえる声は キミの名を呼ぶ

(なげきのれいやーもあれをくんで)

嘆きのレイヤー モアレを組んで

(うまれぬままのみやこをみせる)

生まれぬままの 都を見せる

(しりゅうのかわべでけんじゃはうたれ)

支流の川辺で賢者は撃たれ

(せんたくのきしはなげきをしる)

選択の騎士は嘆きを知る

(うみでむじょうにたつなみをみて)

海で無常にたつ波を見て

(にげるときをおえずに)

逃げる時を追えずに

(まだふくかぜのねふへんのみちをだいて)

まだ吹く 風の音 不変の道を抱いて

(けさずにまもるとないるのきしへむかう)

消さずに 守ると ナイルの岸へ向かう

(むすうのれいやーいくえもとおり)

無数のレイヤー 幾重も通り

(きこえるこえはきみのなをよぶ)

聞こえる声は キミの名を呼ぶ

(なげきのれいやーもあれをくんで)

嘆きのレイヤー モアレを組んで

(うまれぬままのみやこをみせる)

生まれぬままの 都を見せる

(きこえるこえはきみのなをよぶ)

聞こえる声は キミの名を呼ぶ

(うまれぬままのみやこからきて)

生まれぬままの 都から来て

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

ヒラサワスキーのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971