水脈

投稿者ヒラサワスキープレイ回数00
楽曲情報 水脈  平沢 進  作詞平沢 進  作曲平沢 進
難易度(3.3) 561打 歌詞 かな 長文モード可タグ平沢進 P-MODEL
意味するところの分岐。
※このタイピングは「水脈」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(あーよるのつきほどたかくあーたいじゅのうえとりさえきく)

あー夜の月ほど高く あー大樹の上 鳥さえ聞く

(あまねくひとのみちにわきしられぬみずのおと)

あまねく人の道に湧き 知られぬ水の音

(あーそらのほしほどとおいあーむかしのうたにまだかくれ)

あー空の星ほど遠い あー昔の歌にまだ隠れ

(あまねくよるのきびにわきくまれぬみずのおと)

あまねく夜の機微に湧き 汲まれぬ水の音

(みちのうえにたちとりのこえをよみうなだれ)

道の上に立ち鳥の声を読みうなだれ

(なんどすんだみずのねをのがしのぞまぬひはきた)

何度 澄んだ水の音を逃し望まぬ日は来た

(くものかたちさええがいてしめしたはずだと)

雲の形さえ描いて示したはずだと

(なんどすぎたおあしすをしらずあれのにたつ)

何度 過ぎたオアシスを知らず荒れ野に立つ

(あーよるのつきほどたかくあーたいじゅのうえとりさえきく)

あー夜の月ほど高く あー大樹の上 鳥さえ聞く

(あまねくひとのみちにわきしられぬみずのおと)

あまねく人の道に湧き 知られぬ水の音

(みちのうえにたちとりのこえをよみうなだれ)

道の上に立ち鳥の声を読みうなだれ

(なんどすんだみずのねをのがしのぞまぬひはきた)

何度 澄んだ水の音を逃し望まぬ日は来た

(くものかたちさええがいてしめしたはずだと)

雲の形さえ描いて示したはずだと

(なんどすぎたおあしすをしらずあれのにたつ)

何度 過ぎたオアシスを知らず荒れ野に立つ

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。