ヘテロスタシス

投稿者みどり プレイ回数254 順位2497位
楽曲情報 ヘテロスタシス  ChroNoiR  作詞ぬゆり  作曲ぬゆり
難易度(4.0) 1332打 歌詞 かな 長文モード可 タグにじさんじ 葛葉 ChroNoiR ぬゆり
叶と葛葉によるユニットChroNoir(にじさんじ)の曲です
歌唱 ChroNoiR(叶、葛葉)
作詞作曲 ぬゆり
※このタイピングは「ヘテロスタシス」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位名前スコア称号打鍵/秒正誤率時間(秒)打鍵数ミス問題日付
1 鈴蘭 5780 A+ 6.2 93.1% 213.3 1331 98 27 2020/05/21
2 ぴえん 5730 A 6.0 94.4% 219.0 1333 78 27 2020/05/15
3 4548 C++ 4.6 97.4% 284.9 1331 35 27 2020/05/08
4 祝・叶2周年 3430 D 3.5 97.2% 370.8 1309 37 27 2020/05/02

関連タイピング

にじさんじタイピング

にじさんじタイピング

にじさんじのタイピングです

プレイ回数5063
かな1110打
命ばっかり

命ばっかり

ぬゆりさんの「命ばっかり」の歌詞タイピングです。

プレイ回数8712
歌詞かな1335打
ジュブナイルダイバー

ジュブナイルダイバー

「Rain Drops」のジュブナイルダイバーです!

プレイ回数17
歌詞かな909打
蜜ノ味

蜜ノ味

「Rain Drops」の蜜ノ味です!

プレイ回数19
歌詞かな1011打
フィクサー

フィクサー

ぬゆりさんのフィクサーです。

プレイ回数829
歌詞かな990打
Virtual to LIVE

Virtual to LIVE

にじさんじ一周年記念楽曲

プレイ回数1648
歌詞1269打

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(いつかなんにもなくなるまではだしでおどっていよう)

いつかなんにも無くなるまで裸足で踊っていよう

(はやっているおんがくをかけて でたらめにつぶやきながら)

流行っている音楽をかけて でたらめに呟きながら

(こうかいはきっとまだはやくて いまはただわらうべきで)

後悔はきっとまだ早くて 今はただ笑うべきで

(ふざけてきみのてをとって あてもなくはしりだしたくなる)

ふざけて君の手を取って あてもなく走り出したくなる

(よていちょうわにはたりてない かんそくしゃにはなりきれない)

予定調和には足りてない 観測者にはなりきれない

(ぼくらもっとわかっていたい はじもがいぶんもかんけいせいもうそもぜんぶきにしないでさあ)

僕らもっと分かっていたい 恥も 外聞も 関係性も嘘も全部気にしないでさあ

(ばかさわぎよおいていかないで しらないことばではなさないで)

ばか騒ぎよ置いて行かないで 知らない言葉で話さないで

(ほんのちょっとだけおもいでを ぼくにぼくにみせて)

ほんのちょっとだけ思い出を 僕に 僕に 見せて

(そんなこえでわらうなよって なんかいもなんかいもいえないでいる)

そんな声で笑うなよって 何回も 何回も言えないでいる

(ただそこですわりこんだまま まだもがいてるとちゅう)

ただそこで座り込んだまま まだ藻掻いてる途中

(つかれててあしをなげだすも てんけいはふってこない)

疲れて手足を投げ出すも 天啓は降ってこない

(このままとおくへだなんて おもいもしないことこぼして)

”このまま遠くへ”だなんて 思いもしないこと零して

(きっとみんなとりこのまんまで さけびたいほどむなしくなる)

きっと皆虜のまんまで 叫びたいほど虚しくなる

(ぼくじゃきっとつとまらない ゆめもぐうぞうもせんてんすもまとうじかんもかかえきれずに)

僕じゃきっと務まらない 夢も偶像もセンテンスも纏う時間も抱えきれずに

(おいかけたらとんでいきそうで かんがえてまちがえてばっかりで)

追いかけたら飛んでいきそうで 考えて間違えてばっかりで

(ぎこちなくたのしいうそを ぼくにぼくにみせて)

ぎこちなく楽しい嘘を 僕に 僕に 見せて

(そんなことでわらえないって わらいながらはなせるときまで)

そんなことで笑えないって 笑いながら話せる時まで

(いえないことがふくらんだまま まだもがいてるとちゅう)

言えないことが膨らんだまま まだ藻掻いてる途中

(ていこうはなくなったはんぱつくりかえした まんなかのすきますべりこんだ)

抵抗は無くなった 反発繰り返した 真ん中の隙間滑り込んだ

(ていこうはなくなったはんぱつくりかえした まんなかのすきますべりこんだ)

抵抗は無くなった 反発繰り返した 真ん中の隙間滑り込んだ

(きづけばきみとよるになった きおくみたいなよるになっていた)

気づけば君と夜になった 記憶みたいな夜になっていた

(たりないものなんてひとつもない ぼくはぼくはぼくは)

足りないものなんて一つもない 僕は 僕は 僕は

(ばかさわぎよ、おいていかないで しらないことばではなさないで)

ばか騒ぎよ、置いて行かないで 知らない言葉で話さないで

(ほんのちょっとだけおもいでを ぼくにぼくにみせて)

ほんのちょっとだけ思い出を 僕に 僕に 見せて

(なにもかもわらえなくなって ぜんぶぜんぶいやになったなら)

何もかも笑えなくなって 全部全部嫌になったなら

(せかいせいふくでもしよう だけどだけどだけどだけど)

世界征服でもしよう だけど だけど だけど だけど

(まだもがいてるとちゅう)

まだ藻掻いてる途中

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。
※ランキング登録した名前で投稿されます。