12月の雨

投稿者ふららプレイ回数155
楽曲情報 12月の雨  ふきのとう  作詞山木 康世  作曲山木 康世
難易度(3.3) 1157打 歌詞 長文モード可タグ歌詞 歌い手
おっさん&おばちゃんホイホイ
※このタイピングは「12月の雨」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(そとはあさはやくからしのつくあめ)

外は朝早くから篠つく雨

(ぼんやりたばこをくわえながめている)

ぼんやり煙草をくわえながめている

(さむさまじりのきせつはずれのあめ)

寒さまじりの季節はずれの雨

(きみはいまごろどこでどうしてるんだろう)

君は今頃どこでどうしてるんだろう

(もいちどいちからやりなおしたい)

も一度いちからやり直したい

(はなればなれのふたりのせいかつにもう)

離ればなれの二人の生活にもう

(おわりをつげてやさしかったころの)

終わりをつげて優しかった頃の

(ふたりにもどりことしのふゆをむかえたい)

二人にもどり今年の冬をむかえたい

(ひえたへやのなかにただようけむり)

冷えた部屋の中にただよう煙

(いつかきみとふたりかたよせあって)

いつか君と二人肩寄せ合って

(いつまでもふたりあるいたあめのでんしゃどおり)

いつまでも二人歩いた雨の電車通り

(やみそうもないあめじゅうにがつがつのあめ)

やみそうもない雨十二月の雨

(もいちどいちからやりなおしたい)

も一度いちからやり直したい

(はなればなれのふたりのせいかつにもう)

離ればなれの二人の生活にもう

(おわりをつげてやさしかったころの)

終わりをつげて優しかった頃の

(ふたりにもどりことしのふゆをむかえたい)

二人にもどり今年の冬をむかえたい

(あれからどのぐらいすぎただろうか)

あれからどのぐらい過ぎただろうか

(きみのなみだにぬれたさいごのかなしい)

君の涙に濡れた最後の悲しい

(なにかいいたそうなくろいひとみを)

何か言いたそうな黒い瞳を

(おもいださせるじゅうにがつのあめ)

思い出させる十二月の雨

(もいちどいちからやりなおしたい)

も一度いちからやり直したい

(はなればなれのふたりのせいかつにもう)

離ればなれの二人の生活にもう

(おわりをつげてやさしかったころの)

終わりをつげて優しかった頃の

(ふたりにもどりことしのふゆをむかえたい)

二人にもどり今年の冬をむかえたい

(ぼくはあいもかわらずむかしとおなじ)

僕は相も変わらず昔と同じ

(たびからたびへのまいにちです)

旅から旅への毎日です

(こうしていちねんがあっというまに)

こうして一年があっという間に

(あしばやにすぎてゆくことにつらくおもうときがある)

足早に過ぎてゆく事につらく思う時がある

(もいちどいちからやりなおしたい)

も一度いちからやり直したい

(はなればなれのふたりのせいかつにもう)

離ればなれの二人の生活にもう

(おわりをつげてやさしかったころの)

終わりをつげて優しかった頃の

(ふたりにもどりことしのふゆをむかえたい)

二人にもどり今年の冬をむかえたい

(いちからやりなおしたい)

一からやり直したい

(はなればなれのふたりのせいかつにもう)

離ればなれの二人の生活にもう

(おわりをつげてやさしかったころの)

終わりを告げて優しかった頃の

(ふたりにもどりことしのふゆをむかえたい)

二人に戻り今年の冬を迎えたい

(december rain rain)

December rain rain

(december rain)

December rain

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!