山のロープウェイ

投稿者ふららプレイ回数00
楽曲情報 山のロープウェイ  ふきのとう  作詞山木 康世  作曲山木 康世
難易度(2.9) 624打 歌詞 かな 長文モード可タグ歌詞 歌い手
おっさん&おばちゃんホイホイ
※このタイピングは「山のロープウェイ」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(きみのゆめをみましたそのごげんきでいますか)

君の夢を見ましたその後元気でいますか

(どちらからともなくあわなくなりましたね)

どちらからともなく会わなくなりましたね

(ひさしぶりのきみでしたなつかしくおもいました)

久しぶりの君でした懐かしく思いました

(ほんだなのあるばむひろげてみました)

本棚のアルバム広げて見ました

(このまちをみわたせるやまのろーぷうぇいに)

この街を見わたせる山のロープウェイに

(せみしぐれのきせつにのりにゆきましたね)

蝉時雨の季節に乗りに行きましたね

(やまのちょうじょうまできみのてをひいて)

山の頂上まで君の手を引いて

(あれはにねんまえのなつのあおぞら)

あれは二年前の夏の青空

(いまでもおぼえていますきのうのことのように)

今でも覚えています昨日のことのように

(あざやかなみどりにひかりかがやくなつ)

鮮やかな緑に光り輝く夏

(このまちをみわたせるやまのろーぷうぇいに)

この街を見わたせる山のロープウェイに

(せみしぐれのきせつにのりにゆきましたね)

蝉時雨の季節に乗りに行きましたね

(ゆうひのおちるまできみのてをひいて)

夕陽の落ちるまで君の手を引いて

(あれはにねんまえのなつのゆうぐれ)

あれは二年前の夏の夕暮れ

(あのときぼくははるかかなた)

あの時僕は遥かかなた

(やまあいのそらにもえるようなあかいちいさなほしを)

山間の空に燃えるような赤い小さな星を

(みていました)

見ていました

(きょうもあついいちにちになりそうです)

今日も暑い一日になりそうです

(いつかまたあえたらとおもいます)

いつかまた会えたらと思います

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

ふららのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971