枯葉

投稿者ふららプレイ回数157
楽曲情報 枯葉  ふきのとう  作詞細坪 基佳  作曲細坪 基佳
難易度(2.9) 711打 歌詞 かな 長文モード可タグ歌詞 歌い手
おっさん&おばちゃんホイホイ
※このタイピングは「枯葉」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(きたのまちのゆうぐれをあてもないままゆけば)

北の街の夕暮れをあてもないままゆけば

(あるくよりもたちどまるそのことのほうがおおい)

歩くよりも立ち止まるそのことの方が多い

(まちはずれのこうえんなつかしむようにあるく)

街はずれの公園懐かしむように歩く

(こいびとたちかたをよせあう)

恋人たち肩を寄せ合う

(さからうすべもなくきせつはかけあしですぎる)

逆らうすべもなく季節は駆け足ですぎる

(きみのすがたさえいまはおもいだせない)

君の姿さえ今は思い出せない

(きみとわかれたあのころはほんのはずみでおもいでは)

君と別れたあの頃はほんのはずみで想い出は

(ぽろぽろこぼれておちたよ)

ポロポロこぼれて落ちたよ

(おもいでにいきたひびはとてもつらいけれど)

想い出に生きた日々はとてもつらいけれど

(わすれてしまうことのさびしさはたとえばあきの)

忘れてしまうことの淋しさはたとえば秋の

(かぜにだれもきづかぬうちにはらはらおちる)

風に誰も気づかぬうちにはらはら落ちる

(かれはにどこかにていませんか)

枯葉にどこか似ていませんか

(いつかちがうひととたとえあいをちかいあったときも)

いつか違う人とたとえ愛を誓いあった時も

(このみちはだれともあるかないときめていた)

この道は誰とも歩かないと決めていた

(ちいさなまちのことです)

小さな街のことです

(ふたりだけのあのばしょさえ)

二人だけのあの場所さえ

(あたらしいであいのばしょとして)

新しい出逢いの場所として

(さからうすべもなくきせつはかけあしですぎる)

逆らうすべもなく季節は駆け足ですぎる

(きみのすがたさえいまはおもいだせない)

君の姿さえ今は思い出せない

(おもいでがみんなやさしいのは)

想い出がみんな優しいのは

(ときのながれにはこばれて)

時の流れに運ばれて

(しずかにきえてゆくからです)

静かに消えてゆくからです

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!