morse

投稿者豆電球プレイ回数49
楽曲情報 MORSE  作詞歩く人  作曲歩く人
難易度(3.4) 713打 歌詞 長文モード可タグ歩く人
歩く人さんの曲です。
music : 歩く人/Pedestrian
illustration : Zennyan
Singer : 初音ミク
※このタイピングは「MORSE」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(あーきょうもくたびれたうちゅうふくでひのでをまっていた)

あー今日もくたびれた宇宙服で日の出を待っていた

(かがみにうつったほしをなぞっていた)

鏡に映った星をなぞっていた

(80おくのかがやきをぼうえんきょうでのぞいたんだ)

80億の輝きを望遠鏡で覗いたんだ

(わたしにはこれぐらいのかんでらでじゅうぶんさ)

私にはこれぐらいのカンデラで十分さ

(もうなんじゅうねんもここにいるけど)

もう何十年もここにいるけど

(えいせいがそらにうかんできえるだけだ)

衛星が空に浮かんで消えるだけだ

(ひるもよるもあおいほしはせわしなくいそいで)

昼も夜も青い星はせわしなく急いで

(まわっているようなまいにち)

回っているような毎日

(まだぼくらはしらないせいめいたいに)

まだ僕は知らない生命体に

(であえるだけのふところはないけど)

出会えるだけの懐はないけど

(いつまでたってもわかんないものだけ)

いつまでたっても分かんないものだけ

(めをかがやかせていたいな)

目を輝かせていたいな

(しょうわくせいみたいなものに)

小惑星みたいなものに

(ねえひとりのくらやみでみぎもひだりもわからなくなって)

ねえ一人の暗闇で右も左も分からなくなって

(すなあらしのがめんをみつめてた)

砂嵐の画面を見つめてた

(いっせんまんのだいとしで6じょうのへやにこもっていた)

一千万の大都市で6畳の部屋に籠っていた

(なんこうねんもさきでおなじきもちになるとはな)

何光年も先で同じ気持ちになるとはな

(まだぼくらはみえないひこうせんに)

まだ僕らは見えない飛行船に

(ゆめをみつづけるりゆうはないけど)

夢を見続ける理由はないけど

(いつまでたってもひかっているものだけ)

いつまで経っても光っているものだけ

(てをのばしつづけていたいな)

手を伸ばし続けていたいな

(しょうわくせいみたいなものに)

小惑星みたいなものに

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!