Amber/sumika

投稿者ナツマルプレイ回数84
楽曲情報 AMBER  sumika  作詞片岡 健太  作曲片岡 健太
難易度(3.4) 1286打 歌詞 長文モード可
sumikaのAmberです☆
※このタイピングは「AMBER」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(saturdayあざやかにゆれたかみのおくに)

Saturday 鮮やかに揺れた髪の奥に

(うごくくろが2つ)

動く黒が2つ

(ぼくをのぞきこむそれは)

僕を覗き込むそれは

(このよのものとはおもえないのさ)

この世のものとは思えないのさ

(2つとしうえのきみだから)

2つ歳上の君だから

(あさはかなこのおもいなどは)

浅はかなこの想いなどは

(みぬいてしまうよなきがして)

見抜いてしまうよな気がして

(ひたむきにうそをかさねて)

ひたむきに嘘を重ねて

(でもなんでさわらなくて)

でもなんで 触らなくて

(きたいしたってつらいだけだ)

期待したって 辛いだけだ

(おおくぬりすぎたamberを)

多く塗りすぎたAmberを

(うすくのばしてほほえむの)

薄く伸ばして微笑むの

(そんななにげないしぐさがぼくのまぶたのうらでおちつかない)

そんな何気ない仕草が僕の瞼の裏で 落ち着かない

(きみをおもいだすたびにほら)

君を思い出す度にほら

(そとにでたいとざわめくの)

外に出たいとざわめくの

(ぼくのなかのうそつきもうじゅうがこんやもぼくをおちつかない)

僕の中の嘘つき猛獣が 今夜も僕を落ち着かない

(こんやもぼくをおちつかない)

今夜も僕を落ち着かない

(mondayとなりではたらくいつものきみが)

Monday 隣で働く いつもの君が

(まとってないかおり)

まとってない香り

(きみがすわないたばこのかおりがしたら)

君が吸わない煙草の 香りがしたら

(きみからしたら)

君からしたら

(しごともてにつかないのさ)

仕事も手につかないのさ

(どこのだれのうつりがなのさ)

どこの誰のうつりがなのさ

(おじさんがでんしゃのなかで)

おじさんが電車の中で

(きみのからだになじませた)

君の体になじませた

(でもだってわかってるって)

でもだって わかってるって

(きょうのぼくはだますのがへただ)

今日の僕は 騙すのが下手だ

(おおくぬりすぎたamberを)

多く塗りすぎたAmberを

(うすくのばしてほほえむの)

薄く伸ばして微笑むの

(そのほほえみはだれのものなのか)

その微笑みは誰のものなのか

(きになりぼくもおちつけない)

気になり 僕も落ち着けない

(きみをおもいだすたびにほら)

君を思い出す度にほら

(ここがいたいとざわめくの)

ココが痛いとざわめくの

(むねのすこししたのいたみが)

胸の少し下の痛みが

(こんやもぼくをおちつけない)

今夜も僕を落ち着けない

(こんやもぼくをおちつけない)

今夜も僕を落ち着けない

(こはくにとじこめられてる)

琥珀に閉じ込められてる

(あさはかなぼくのもうじゅうは)

浅はかな僕の猛獣は

(いまをこわすゆうきなどなくなばかりのものとなりました)

今を壊す勇気などなく 名ばかりのものとなりました

(でもだってしかたないって)

でもだって 仕方ないって

(くろをみつめてゆれるはずもない)

黒を見つめて 揺れるはずもない

(おおくぬりすぎたamberを)

多く塗りすぎたAmberを

(うすくのばしてほほえむの)

薄く伸ばして微笑むの

(そんなむぼうびなすがたはだれのまえでもみせるものなのかい)

そんな無防備な姿は 誰の前でも見せるものなのかい

(きみをおもいだすたびにほら)

君を思い出す度にほら

(ぼくだけのきおくがあばれるの)

僕だけの記憶が暴れるの

(こんなにぼくだけのきみがいるのに)

こんなに僕だけの君がいるのに

(こんやもぼくをおちつけない)

今夜も僕を落ち着けない

(こんやもきぼうをすてされないんだ)

今夜も希望を捨て去れないんだ

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。