晩春風花/sumika

投稿者ナツマルプレイ回数00
楽曲情報 晩春風花  sumika  作詞片岡健太  作曲sumika
難易度(1.9) 958打 歌詞 かな 長文モード可
sumikaの晩春風花です☆
※このタイピングは「晩春風花」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(はなかぜがふいてまう)

花風が吹いて舞う

(はなびらまってはなびらまって)

花弁待って 花弁待って

(ちらしたひをかさねる)

散らした日を重ねる

(あのひよまってあなたよまって)

あの日よ待って あなたよ待って

(あーだこーだいいまつり)

あーだこーだ言い祭り

(こうかいしじゃくり)

後悔しじゃくり

(もういちどもどれたら)

もう一度 戻れたら

(ふわりかぜがなでる)

ふわり 風が撫でる

(ゆらりはながゆれる)

ゆらり 花が揺れる

(はらりらはなびらもどりたいはる)

はらりら花弁 戻りたい春

(ふわりかぜのおとは)

ふわり 風の音は

(ゆらりはなをなかす)

ゆらり 花を泣かす

(はらりらはなびらゆれる)

はらりら花弁揺れる

(いろはにほへどゆれる)

色は匂へど揺れる

(さみだれはこころつねる)

五月雨は心つねる

(あのひよまってあなたよまって)

あの日よ待って あなたよ待って

(さんかんしおんがねんじゅうじゃ)

三寒四温が年中じゃ

(あなたもちってひとりになって)

あなたも散って 一人になって

(そうぞういじょうに)

想像以上に

(きづかずいじょうに)

気付かず異常に

(もういちどもどれたら)

もう一度戻れたら

(ひらりかぜがふれる)

ひらり 風が触れる

(くらりはなはよける)

くらり 花はよける

(はらりらひとひら)

はらりら ひとひら

(もどりたいはる)

戻りたい春

(ならばかぜがかわる)

ならば 風が変わる

(きっとはなもかわる)

きっと 花も変わる

(はらりらはなびらゆれる)

はらりら花弁揺れる

(いろがにほへばあるける)

色が匂へば歩ける

(ちらせどみのれる)

散らせど実れる

(かぜはまきこめる)

風は巻き込める

(あるけよあるけよ)

歩けよ歩けよ

(いちねんじゅうを)

一年中を

(きどあいらくでも)

喜怒哀楽でも

(なつあきふゆでも)

夏秋冬でも

(すべてをすべてを)

全てを全てを

(まきこんでふいてゆくから)

巻き込んで 吹いてゆくから

(ひらりかぜがはこぶ)

ひらり 風が運ぶ

(ふわりはながかおる)

ふわり 花が香る

(はらりらはなびら)

はらりら花弁

(はなさないはる)

離さない春

(ひらりかぜがいだく)

ひらり 風が抱く

(ふわりはながゆれる)

ふわり 花が揺れる

(あらたなかぜふく)

新たな風吹く

(ひらりひらりとまう)

ひらり ひらりと舞う

(はらりはらりとふく)

はらり はらりと吹く

(ひとひらひとひら)

ひとひら ひとひら

(はなさないはる)

離さない春

(ひらりひらいてゆく)

ひらり開いてゆく

(はながとてもきれい)

花がとても綺麗

(はらりらたしかにゆれる)

はらりら確かに揺れる

(はなはちらずにゆれる)

花は散らずに揺れる

(わらったかぜとともに)

笑った風と共に

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。