茜色の群青/sumika

投稿者ナツマルプレイ回数84
楽曲情報 茜色の群青  sumika  作詞片岡 健太  作曲片岡 健太
難易度(2.7) 1296打 歌詞 長文モード可
sumikaの茜色の群青です☆
※このタイピングは「茜色の群青」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 2525 2387 F++ 2.4 95.7% 519.3 1297 57 60 2020/10/08

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(れんたるびでおやにいこう)

レンタルビデオ屋に行こう

(しりーずもののあにめをみよう)

シリーズもののアニメを見よう

(あれおかしいなつまらないな)

「あれ、おかしいな」つまらないな

(すきなものだったのに)

好きな物だったのに

(こんなふうにおもうもの)

こんな風に思うもの

(たべものばしょひといろいろ)

食べ物、場所、人、色々

(きみがいてすきになっていたものが)

君が居て好きになっていたものが

(あまりにもおおすぎたんだ)

あまりにも多過ぎたんだ

(もうきっとだいじょうぶ)

もうきっと大丈夫

(そうおもっているのに)

そう思っているのに

(ひとりのろくじょうはやたらくるしいな)

独りの六畳はやたら苦しいな

(けいたいやどうがのなかではなく)

携帯や動画の中ではなく

(あたまのなかできみがきょうもわらう)

頭の中で君が今日も笑う

(つらいよ)

辛いよ

(うれしいとわらって)

嬉しいと笑って

(はしゃぐきみはもういまごろ)

はしゃぐ君はもう今頃

(だれかのうでのなか)

誰かの腕の中

(あのひのようにしわをつくり)

あの日のようにシワを作り

(めをあわせはにかみ)

目を合わせ はにかみ

(しあわせはもれだし)

幸せは漏れ出し

(きみのこんたくとごし)

君のコンタクト越し

(うるんだひとみに)

潤んだ瞳に

(ぼくはもううつらない)

僕はもう映らない

(えきまでじてんしゃをこごう)

駅まで自転車を漕ごう

(べんとうとざっしをかおう)

弁当と雑誌を買おう

(ほんの10ぷんじゃくのみちのりが)

ほんの10分弱の道のりが

(やたらとおくかんじたんだ)

やたら遠く感じたんだ

(にくやのめんちかつや)

肉屋のメンチカツや

(ゆうぐのないこうえん)

遊具のない公園

(このまちはきみのかけらおおくてこまるな)

この街は君の欠片 多くて困るな

(ぺだるこいであのひにもどれたら)

ペダル漕いであの日に戻れたら

(なんておかしいもうそうをして)

なんておかしい妄想をして

(うるおうけしきがつらいよ)

潤う景色が 辛いよ

(うれしいとわらって)

嬉しいと笑って

(はしゃぐきみはもういまごろ)

はしゃぐ君はもう今頃

(だれかのひだりがわてをつないであゆみすすめ)

誰かの左側 手を繋いで歩み進め

(いきさきへいざないみぎがわはよろけて)

行き先へ誘い右側はよろけて

(ちょっとくずれたたいせい)

ちょっと崩れた体勢

(ささえるひだりにぼくはもうであえない)

支える左に僕はもう出会えない

(ろくじょうにちらばっている)

六畳に散らばっている

(このまちにあふれている)

この街に溢れている

(かけらをあつめたら1つになるかなって)

欠片を集めたら1つになるかなって

(いまでもずっとずっと)

今でもずっとずっと

(さがしつづけているよ)

探し続けているよ

(ごめんよ)

ごめんよ

(うれしいとわらって)

嬉しいと笑って

(はしゃぐきみはもういまごろ)

はしゃぐ君はもう今頃

(だれかのうでのなか)

誰かの腕の中

(あのひのようにしわをつくり)

あの日のようにシワを作り

(みみもとでささやきあいじょうあふれだし)

耳元で囁き愛情溢れ出し

(きみのかすれたひびき)

君の掠れた響き

(いとしいへやなり)

愛しい部屋鳴り

(ろくじょうにはひびかない)

六畳には響かない

(いとしいかけらを)

愛しい欠片を

(すべてつなげても)

全て繋げても

(そこにきみはうつらない)

そこに君は映らない

(ひがしのそらにおおきな)

東の空に大きな

(あかねのたまがおちていた)

茜の玉が落ちていた

(しっぽだとおもったものはかおだった)

しっぽだと思ったものは顔だった

(せんたくものほさなきゃ)

洗濯物干さなきゃ

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。