僕らを見ていた

投稿者三日月プレイ回数58
楽曲情報 僕らを見ていた  作詞悪ノP(mothy)  作曲悪ノP(mothy)
難易度(3.3) 1129打 歌詞 かな 長文モード可タグボカロ 悪ノP mothy 巡音ルカ
※このタイピングは「僕らを見ていた」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(さむいよるのことでしたこんなしずかなよるが)

寒い夜の事でした こんな静かな夜が

(ぼくらはだいすきでしたをのぞくのです)

僕らは大好きで 「下」を覗くのです

(しずかなよるなのにそれをじゃまするやつがいる)

静かな夜なのにそれを邪魔する奴がいる

(したをうごめくそれはにんげんというやつだ)

下を蠢くそれは 「人間」という奴だ

(にんげんはずっとやすまないよなかになってもはたらく)

人間はずっと休まない 夜中になっても働く

(かれらがあやつるきしゃそのえんせんにたつ)

彼らが操る汽車 その沿線に建つ

(ふたつのこうじょうがきょうもずっといいあらそってる)

二つの工場が今日も ずっと言い争ってる

(どちらのえんとつがけむりがよりたかくあがるか)

どちらの煙突が 煙がより高く上がるか

(はきだされるけむりそれをはいにすいこんだ)

吐き出される煙 それを肺に吸い込んだ

(しんぶんうりのしょうねんがびょうきでたおれた)

新聞売りの少年が 病気で倒れた

(しょうねんはまずしいからびょういんになどいけず)

少年は貧しいから 病院になど行けず

(いえのふとんのなかでむねをおさえせきこむ)

家の布団の中で 胸を押さえ咳き込む

(しょうねんはもくぞうあぱーとのまどからぼくらをみていた)

少年は木造アパートの窓から 僕らを見ていた

(つぎのひのよるのことあのしょうねんのあねは)

次の日の夜の事 あの少年の姉は

(おとうとのちりょうひのためしごとをふやしたようだ)

弟の治療費の為 仕事を増やしたようだ

(にんげんはずっとやすまないよなかになってもはたらく)

人間はずっと休まない 夜中になっても働く

(かのじょがえらんだのはぼうせきこうじょうのばいと)

彼女が選んだのは 紡績工場のバイト

(そのこうじょうのよこにはせいしこうじょうがあって)

その工場の横には 製紙工場があって

(きょうもあらそうようにけむりをはきつづける)

今日も争うように 煙を吐き続ける

(こくえんはたかくあがるぼくらのいるそらまで)

黒煙は高く上がる 僕らのいる空まで

(それはくろいくもとなりこうじょうのうえをおおう)

それは黒い雲となり 工場の上を覆う

(かのじょのはたらくこうじょうからじゃぼくらはみえない)

彼女の働く工場からじゃ 僕らは見えない

(にんげんたちはぼくらにほしというなをつけて)

人間たちは僕らに「星」という名を付けて

(いのったりねがったりするけど)

祈ったり 願ったりするけど

(ぼくらにきせきなんておこせるわけがないだろう)

僕らに奇跡なんて 起こせるわけがないだろう?

(ぼくらはただそらからみているだけ)

僕らはただ空から 見ているだけ

(しょうねんはまずしいからびょういんになどいけず)

少年は貧しいから 病院になど行けず

(しょうじょはちりょうひのためこうじょうではたらく)

少女は治療費の為 工場で働く

(こくえんはたかくあがるぼくらのいるそらまで)

黒煙は高く上がる 僕らのいる空まで

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

三日月のタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971