天秤-Libra-

投稿者夢幻プレイ回数195
楽曲情報 天秤-LIBRA-  西西川貴教 ASCA  作詞RUCCA  作曲菊田大介
難易度(2.8) 1109打 歌詞 長文モード可タグ天秤-Libra- 白猫プロジェクト
天秤-Libra-の歌詞打ちです。
※このタイピングは「天秤-LIBRA-」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(せいぎというなのひかりとやみ)

正義という名の「光と闇」

(ねがいはとわいらいとにざしょうする)

願いはトワイライトに座礁する

(かがみのむこうがわあすをのぞめば)

鏡の向こう側明日を望めば

(あくむしる)

悪夢識る

(かたわれのいのちそらとうみのよう)

片割れの命空と海のよう

(にてひなるものとさとろうとも)

似て非なるものと悟ろうとも

(せめてことばにかたちにせぬままに)

せめて言葉に輪郭にせぬままに

(つながりさいぎせずに)

繋がり猜疑せずに

(もうもくさえもじあいだといいきかせた)

盲目さえも慈愛だと伝い聞かせた

(しろかくろかりぶら)

白か黒か天秤

(ざんこくさでゆらぐ)

残酷さで揺らぐ

(いちるのやくそくただつよくいだくともに)

一縷の約束ただ強く抱く共に

(みあげたねびゅら)

見上げた星雲

(でぃすとぴあはなゆた)

反理想郷は那由多

(どろをはいいしともし)

泥を這い意思灯し

(かなたりぶらあなたとあえた)

彼方天秤あなたと逢えた

(にりつはいはんのつきとたいよう)

二律背反の「月と太陽」

(かわきはてんたいまでしんしょくする)

渇望は天体まで浸蝕する

(けがれとうつくしさぜろにかえせば)

穢れと美しさゼロに還せば

(ちへおちる)

地へ墜ちる

(しゅうまくのちぇすぼーどおどる)

終幕の狂気盤上踊る

(たわむれであるとだまそうとも)

戯れであると騙そうとも

(どうかしんじてこのてのひらでまっていて)

どうか信じてこの掌で待っていて

(こころにきえぬとがを)

心に消えぬ咎を

(ふじつさえもうんめいとうたへかえた)

不実さえも運命と詠唱へ代えた

(むくわれざるりぶら)

報われざる天秤

(せつなのなかゆらぐ)

刹那のなか揺らぐ

(さいごのいちびょうまだはしるまどうときよ)

最後の一秒まだ奔る惑う時よ

(とどいてねびゅら)

届いて星雲

(なげきがまうなゆた)

咆哮が舞う那由多

(しんをといつみえらび)

信を問い原罪選び

(だれがりぶらときのいたずら)

誰が天秤時の悪戯

(かたわれのいのちそらとうみのよう)

片割れの命空と海のよう

(にてひなるものとさとろうとも)

似て非なるものと悟ろうとも

(せめてことばにかたちにせぬままに)

せめて言葉に輪郭にせぬままに

(つながりさいぎせずに)

繋がり猜疑せずに

(もうもくさえもじあいだとしんじていたい)

盲目さえも慈愛だと信じていたい

(しろかくろかりぶら)

白か黒か天秤

(ざんこくさでゆらぐ)

残酷さで揺らぐ

(いちるのやくそくただつよくいだくともに)

一縷の約束ただ強く抱く共に

(みあげたねびゅら)

見上げた星雲

(でぃすとぴあはなゆた)

反理想郷は那由多

(どろをはいいしともし)

泥を這い意思灯し

(かなたりぶらきっとさよなら)

彼方天秤きっと「サヨナラ」

(あうまではあえなければ・・・しらなかった)

逢うまでは逢えなければ・・・識らなかった

(いとしさにせつなさに・・・ともにほろびえいごう)

いとしさに切なさに・・・共に滅び永劫

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!