たぬきの巣

投稿者Ireneプレイ回数00
難易度(4.4) 1364打 長文タグ學習 打字 たぬき
たぬきの巣

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(けんさくは、あずまむらでいちばんかしこいひとでした。)

権作は、東村で一番賢い人でした。

(きすけは、にしむらでいちばんあたまがいいひとでした。)

喜助は、西村で一番頭がいい人でした。

(あるひ、このふたりがみちでばったりであいました。)

ある日、この二人が道でばったり出会いました。

(「こんにちは」)

「こんにちは」

(「こんにちは。きょうはほんとうにいいおてんきですね」)

「こんにちは。今日は本当にいいお天気ですね」

(ふたりは、あいさつました。)

二人は、あいさつました。

(「ところで、けんさくさん」と、きすけがいいました。)

「ところで、権作さん」と、喜助が言いました。

(「きょう、うちにたのなかにすんでいるたぬきのあたまのうえに、)

「今日、うちに田の中に住んでいる狸の頭の上に、

(からすがすをつくっていましたよ」)

からすが巣を作っていましたよ」

(「やあ、きすけさん。いくらわたしがあたまがわるくても、)

「 やあ、喜助さん。いくら私が頭が悪くても、

(そんなばからしいはなしをしんじるほど、あたまがわるくはないですよ」)

そんなばからしい話を信じるほど、頭が悪くはないですよ」

(「それなら、もしこのはなしがほんとうだったら、どうしますか」)

「それなら、もしこの話が本当だったら、どうしますか」

(「もしほんとうだったら、うちのこうまを8ひき、あなたにあげましょう」)

「もし本当だったら、うちの子馬を8匹、あなたにあげましょう」

(そこで、ふたりはきすけのたんぼへいきました。)

そこで、二人は喜助の田んぼへ行きました。

(たんぼのなかにはいきがいちぼんはえていて、そのてっぺんに、)

田んぼの中には木がいち本生えていて、そのてっぺんに、

(からすがすをつくっていました。)

からすが巣を作っていました。

(けんさくはそれをみて、「きすけさん、たぬきはどこですか」と、ききました。)

権作はそれを見て、「喜助さん、狸はどこですか」と、聞きました。

(「ほら、そこに。たのきのあたまで、からすがすをつくっているでしょう。)

「ほら、そこに。田の木のあたまで、からすが巣を作っているでしょう。

(どうです。さあさあ。こうまを8ひき、もらいましょう」)

どうです。さあさあ。子馬を8匹、もらいましょう」

(すると、)

すると、

など

(けんさくは「ここにはいないから、うちへきてください」といいました。)

権作は「ここにはいないから、うちへ来てください」と言いました。

(けんさくはきすけを。)

権作は喜助を。

(じぶんのいえへつれていきました。)

自分の家へ連れて行きました。

(そして、いえにうら、やくにたたない、)

そして、家に裏、役に立たない、

(ひょろひょろのやせたうまをはってきました。)

ひょろひょろの痩せた馬を張って来ました。

(「はい、こうまはちひきです、うけとりなさい」)

「はい、子馬はちひきです、受け取りなさい」

(「うそだ。これはただのいっぴきだ」)

「うそだ。これはただのいっぴきだ」

(「いや、しっぽをみてごらん。はちをひいてるでしょう。)

「いや、しっぽを見てごらん。はちを引いてるでしょう。

(だからこうまはちひきだ」)

だから子馬はちひきだ」

(よくみると、なるほど、やせうまのしっぽには、)

よく見ると、なるほど、痩せ馬のしっぽには、

(からのうえきばちがひもでむすびつてあって、うまがこれをひきずっていました。)

からの植木ばちが紐で結びつてあって、馬がこれを引きずっていました。

(きすけは、あきらめて、たづなをうけとり、)

喜助は、あきらめて、手綱を受け取り、

(「こんなやせうま、やくにたたないし、えさをやらなきゃいけない」と、)

「こんな痩せ馬、役に立たないし、餌をやらなきゃいけない」と、

(くやしそうにいいながら、かえりました。)

悔しそうに言いながら、帰りました。

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。