閃光

投稿者れぐるすプレイ回数10
楽曲情報 閃光  LUNKHEAD  作詞小高 芳太朗  作曲小高 芳太朗
難易度(2.5) 642打 歌詞 かな 長文モード可タグ閃光 LUNKHEAD ランクヘッド 小高芳太朗
閃光 / LUNKHEAD
※このタイピングは「閃光」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ふあんもまよいもこのてできりすてた)

不安も迷いもこの手で切り捨てた

(くうきのにおいがかわったよがあける)

空気の匂いが変わった 夜(よ)が明ける

(せんこうのようにまぶしく)

閃光のように眩しく

(さいぼうがさけんできしんだ)

細胞が叫んで軋んだ

(くるしいほどにたましいはここにあった)

苦しいほどに魂はここに在った

(しんだようにいきていくなら)

死んだように生きていくなら

(はなびのようにここでもえつきても)

花火のようにここで燃え尽きても

(このてのやいばがひをちらすそのたびに)

この手の刃(やいば)が火を散らすその度に

(やどるこどくがつめたくすきとおる)

宿る孤独が冷たく透き通る

(せんこうのようにまぶしく)

閃光のように眩しく

(しんぞうがわらってはずんだ)

心臓が笑って弾んだ

(ただしいまでにたましいはここにあった)

正しいまでに魂はここに在った

(しんだようにいきていくなら)

死んだように生きていくなら

(はなびのようにここでもえつきても)

花火のようにここで燃え尽きても

(おわりのはじまり)

終わりの始まり

(あなたのぬくもりもやさしさも)

あなたの温もりも優しさも

(あかつきにそっとかくして)

暁にそっと隠して

(このてでそっとあなたを)

この手でそっとあなたを

(だきよせたひのことをおもいだした)

抱き寄せた日の事を思い出した

(さいぼうがさけんできしんだ)

細胞が叫んで軋んだ

(くるしいほどにたましいはここにあった)

苦しいほどに魂はここに在った

(しんだようにいきていくなら)

死んだように生きていくなら

(はなびのようにここでもえつきてもいい)

花火のようにここで燃え尽きてもいい

(いまはげしくほとばしるせんこう)

今 激しく 迸(ほとばし)る 閃光

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

れぐるすのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971