インディゴ

投稿者れぐるすプレイ回数10
楽曲情報 インディゴ  LUNKHEAD  作詞小高 芳太朗  作曲小高 芳太朗
難易度(3.4) 651打 歌詞 長文モード可タグインディゴ LUNKHEAD ランクヘッド 小高芳太朗
インディゴ / LUNKHEAD
※このタイピングは「インディゴ」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(せかいじゅうのあおをあつめてかさねたみたいなよいのそら)

世界中の青を集めて重ねたみたいな宵の空

(とけだしたよるのにおいに)

溶け出した夜の匂いに

(おもわずぼくはくしゃみをした)

思わず僕はくしゃみをした

(270えんのけむりがにがみばしって)

270円の煙が苦味ばしって

(したのおくのほうでしびれている)

下の奥のほうで痺れている

(てっとうのでんせんがきりとったそらのひがしがわ)

鉄塔の電線が切り取った空の東側

(およぐようにとぶからすのかげ)

泳ぐように飛ぶ烏(からす)の影

(あんなふうにそらをとびたいなあ)

あんなふうに空を飛びたいなあ

(ひとがうらやむようなせいかつがしたい)

人が羨むような生活がしたい

(とぎれたいつかのゆめや)

途切れたいつかの夢や

(あきらめつづけたいろいろや)

あきらめ続けた色々や

(それをつくろういいわけをかさねたみたいなよるのやみ)

それを繕う言い訳を重ねたみたいな夜の闇

(けがれのないこころをけがれのないからだを)

汚(けが)れのない心を 汚(けが)れのない体を

(いつのまにぼくはこんなになった)

いつのまに僕はこんなになった

(どんなきずもあしたきえていたらいいなあ)

どんな傷も明日消えていたらいいなあ

(せかいじゅうのあおをあつめてかさねたみたいなあけのそら)

世界中の青を集めて重ねたみたいな明けの空

(なごりおしそうにただようまぼろしみたいなしろいつき)

名残惜しそうに漂う幻みたいな白い月

(おとぎのくにのようなまち)

お伽の国のような街

(ゆめからさめるにはまだはやい)

夢から覚めるにはまだ早い

(とけのこるよるのにおいにおもわずぼくはくしゃみをした)

溶け残る夜の匂いに思わず僕はくしゃみをした

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。