K

投稿者一花プレイ回数57
楽曲情報 K  BUMP OF CHICKEN  作詞藤原 基央  作曲藤原 基央
難易度(3.1) 928打 歌詞 長文モード可タグK BUMP OF CHICKEN
※このタイピングは「K」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(しゅうまつのおおどおりをくろねこがあるく)

週末の大通りを 黒猫が歩く

(ごじまんのかぎしっぽをすいへいに)

御自慢の鍵尻尾を水平に

(いふうどうどうと)

威風堂々と

(そのすがたからねこは)

その姿から猫は

(いみきらわれていた)

忌み嫌われていた

(やみにとけるそのからだめがけて)

闇に溶ける その体目掛けて

(いしをなげられた)

石を投げられた

(こどくにはなれていた)

孤独には慣れていた

(むしろのぞんでいた)

寧ろ望んでいた

(だれかをおもいやることなんて)

誰かを思いやる事なんて

(わずらわしくて)

煩わしくて

(そんなねこをだきあげる)

そんな猫を抱き上げる

(わかきえかきのうで)

若い絵描きの腕

(「こんばんはすてきなおちびさん)

「今晩は素敵なおチビさん

(ぼくらよくにてる」)

僕らよく似てる」

(うでのなかもがいて)

腕の中 もがいて

(ひっしでひっかいて)

必死で引っ掻いて

(こどくというなのにげみちを)

孤独という名の逃げ道を

(はしったはしった)

走った 走った

(うまれてはじめての)

生まれて初めての

(やさしさがぬくもりが)

優しさが 温もりが

(まだしんじられなくて)

まだ信じられなくて

(どれだけにげたって)

どれだけ逃げたって

(かわりものはついてきた)

変わり者は付いて来た

(ohyeahuhhuah)

Oh Yeah Uh hu Ah

(それからねこはえかきと)

それから猫は絵描きと

(にどめのふゆをすごす)

二度目の冬を過ごす

(えかきはともだちになまえをやった)

絵描きは友達に 名前をやった

(「くろきさち」ほーりーないと)

「黒き幸」“ホーリーナイト”

(かれのすけっちぶっくは)

彼のスケッチブックは

(ほとんどくろづくめ)

ほとんど黒尽くめ

(くろねこもはじめてのともだちに)

黒猫も初めての友達に

(くっついてあまえたがあるひ)

くっついて甘えたが ある日

(まずしいせいかつにたおれるなづけおや)

貧しい生活に 倒れる名付け親

(さいごのてがみをかくと)

最後の手紙を書くと

(かれはこういった)

彼はこう言った

(「はしってはしって)

「走って 走って

(こいつをとどけてくれ)

こいつを届けてくれ

(ゆめをみてとびだした)

夢を見て飛び出した

(ぼくのかえりをまつこいびとへ」)

僕の帰りを待つ恋人へ」

(ふきつなくろねこのえなどうれないが)

不吉な黒猫の絵など 売れないが

(それでもあんたはおれだけかいた)

それでもアンタは 俺だけ描いた

(それゆえあんたはつめたくなった)

それ故 アンタは冷たくなった

(てがみはたしかにうけとった)

手紙は確かに受け取った

一花のタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971