常盤火

投稿者ぴよプレイ回数00
楽曲情報 常盤火  吉岡 亜衣加  作詞森 由里子  作曲小野 貴光
難易度(3.6) 859打 歌詞 かな 長文モード可タグアニメ・マンガ 薄桜鬼 ゲーム アニメ
ゲーム薄桜鬼風ノ章のEDです。
※このタイピングは「常盤火」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(あああなたのゆくみちがわたしのすすむみち ひそかにこころにきざむ)

あゝ 貴方の往く道が 私の進む道 ひそかに心に刻む

(そうかたをならべあるくひぐれのつづらおり このままはてなくともに)

さう 肩を並べ歩く 日暮れの九十九折 このまゝ果てなく共に

(もしこのさきつきさえかげるときは ひをわたしがともして)

もし 此の先 月さへ翳る時は 火を私が点して

(あかあかともゆるたいまつよりも あつきときわにきえぬおもい)

明々と燃ゆる松明よりも 熱き 常盤に消へぬ想ひ

(あなたのねがいがあまねくくにじゅうに とどくひまであなたをささえたい)

貴方の悲願が あまねく国中に 届く日まであなたを支へたひ

(はげしきあめにあおうとずっと)

劇しき雨に遭おうとずつと

(ああこころのひはあのひあなたにであうまで しずかなうずみびでした)

あゝ 心の火は あの日貴方に出逢ふまで 静かな埋火でした

(そうもえうつるがごとくめざめしわがほむら あなたのまことのために)

さう 燃え移るが如く 目覚めし吾が焔 貴方の誠の為に

(もしこのよがはかなきかりそめでも このけついはつきない)

もし 此の世が 儚き仮初でも この決意は尽きなひ

(こうこうとひかるともしびよりも あかくときわにつよきちかい)

煌々と光る燈火よりも 明く常盤に強き誓ひ

(まごころだけしかこのてにないけれど ひきかえせぬこのみちついてゆく)

真心だけしか此の手になひけれど 引き返せぬ此の道 ついて往く

(はるかにみゆるあさひがもとへ)

遙かに見ゆる朝陽が許へ

(ことばにできずとも みつめためには)

言葉に出来ずとも 見つめた眼には

(ほのおがそっとゆれるゆえに わたしはあるいてく)

炎がそつと揺れるゆゑに 私は歩いてく

(どんなやくそくよりゆるぎなきちぎりを きっとまもる)

どんな約束より揺るぎなき契りを きつと守る

(いのちかけて)

命懸けて

(あかあかともゆるたいまつよりも あつきときわにきえぬおもい)

明々と燃ゆる松明よりも 熱き 常盤に消へぬ想ひ

(あなたのねがいがあまねくくにじゅうに とどくひまであなたをささえたい)

貴方の悲願が あまねく国中に 届く日まであなたを支へたひ

(はげしきあめにあおうとずっと)

劇しき雨に遭おうとずつと

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※ランキング登録した名前で投稿されます。