カイコ

投稿者ポン酢プレイ回数000
楽曲情報 カイコ  RADWIMPS  作詞野田 洋次郎  作曲野田 洋次郎
難易度(3.4) 1331打 歌詞 かな 長文モード可タグ歌詞 RADWIMPS
RADWIMPSのカイコです。
※このタイピングは「カイコ」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

  • 愛し

    愛し

    RADWIMPSの愛しです!

    プレイ回数1472
    歌詞かな2172打
  • そっけない

    そっけない

    RADWIMPSの曲です。

    プレイ回数31063
    歌詞1383打
  • なんでもないや

    なんでもないや

    「君の名は。」主題歌

    プレイ回数98186
    歌詞かな2007打
  • スパークル

    スパークル

    映画「君の名は。」挿入歌 RADWIMPSのスパークルです*゜

    プレイ回数40507
    歌詞かな926打
  • 夢灯籠/RADWIMPS

    夢灯籠/RADWIMPS

    時間にキスを。

    プレイ回数18181
    歌詞かな536打
  • me me she

    me me she

    この恋に僕が名前をつけるならそれは「ありがとう」

    プレイ回数9407
    歌詞1167打

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(すべてのものにかみがひとしくあらせるのだと)

すべてのものに神が等しくあらせるのだと

(こころのくびもとにぎゅっとてがまわる)

心の首元にぎゅっと手が回る

(あきらかならなぜにわざわざとなえるのでしょう)

明らかならなぜにわざわざ唱えるのでしょう

(まんぱいのいぶくろになおもなまにくをつめこむように)

満杯の胃袋になおも生肉を詰め込むように

(まるでぼくのあてつけのようでなんだかな)

まるで僕の当てつけのようでなんだかな

(いらっとくるなきみはどっちのみかたなの)

イラっとくるな君はどっちの味方なの?

(うたがわれてるような)

疑われてるような

(せかいはつかれたってぼくにはもうむりだって)

世界は疲れたって僕にはもう無理だって

(うちゅうのさびしさをひとりでしょう)

宇宙の寂しさをひとりで背負う

(つくりあげてはみたが)

作り上げてはみたが

(せかいはつかれたってひとびとのためいきだけ)

世界は疲れたって人々のため息だけ

(でもゆうにぎんがいっこはうまるほどと)

でもゆうに銀河一個は埋まるほどと

(いまごろぐちこぼしてら)

今頃愚痴こぼしてら

(かれらのためいきとひめいとあえぎごえと)

彼らのため息と悲鳴とあえぎ声と

(すべてすってきれいなあしたをはきだす)

すべて吸って綺麗な明日を吐き出す

(そんなきにはえるは)

そんな木に生えるは

(ひとのすがたかたちしたなんとおよびしましょう)

人の姿形したなんとお呼びしましょう

(このおかんをこのきんを)

この悪寒をこの菌を

(こどくをどうぞよくぼうをもっと)

孤独をどうぞ欲望をもっと

(なないろにせんぺんばんかおくちにあったじんせいおうか)

七色に千変万化お口にあった人生謳歌

(よだれだけふきな)

ヨダレだけ拭きな

(せかいはつかれたってぼくにはもうむりだって)

世界は疲れたって僕にはもう無理だって

(うちゅうのさびしさのほうがましと)

宇宙の寂しさの方がマシと

(そのてをふりかざしてら)

その手を振りかざしてら

(せかいはつかれたってあとはもうこわれるだけ)

世界は疲れたってあとはもう壊れるだけ

(おやがこをあやめるときのさほうをおめにいれてあげましょう)

親が子を殺める時の作法をお目に入れてあげましょう

(いちにちくらいはあったかな)

1日くらいはあったかな

(このよのだれひとりなかなかったひは)

この世の誰一人泣かなかった日は

(いちにちくらいはあったかな)

1日くらいはあったかな

(このよのだれひとりさけばなかったひは)

この世の誰一人叫ばなかった日は

(すべてのものにかみはひとしくあらせるのだと)

すべてのものに神は等しくあらせるのだと

(あなたのくびもとにぎゅっとてがまわる)

あなたの首元にぎゅっと手が回る

(せかいはつかれたってぼくにはもうむりだって)

世界は疲れたって僕にはもう無理だって

(うちゅうのさびしさをひとりでしょう)

宇宙の寂しさを一人で背負う

(つくりあげてはみたが)

作り上げてはみたが

(せかいはつかれたってひとびとのこうかいだけ)

世界は疲れたって人々の後悔だけ

(でも、ゆうにぎんがいっこはれつするほど)

でも、悠に銀河一個破裂するほど

(いまごろかおをおってら)

今頃顔を追ってら

(せかいはつかれたってぼくにはもうむりだって)

世界は疲れたって僕にはもう無理だって

(うちゅうのやさしさをひとりじめに)

宇宙の優しさを独り占めに

(またできるひがきたな)

またできる日が来たな

(さいごのおまつりはせいだいにさ)

最後のお祭りは盛大にさ

(はじまりのときのように)

始まりの時のように