ボクノート

投稿者一花プレイ回数000
楽曲情報 ボクノート  スキマスイッチ  作詞大橋 卓弥  作曲常田 真太郎
難易度(3.4) 1102打 歌詞 長文モード可タグアニメ・マンガ ボクノート スキマスイッチ アニソン
※このタイピングは「ボクノート」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 q 5530 A 5.7 96.0% 188.4 1087 45 44 2020/12/03
2 たくみん 1427 G+ 1.6 90.0% 681.4 1094 121 44 2020/12/07

関連タイピング

  • 残酷な天使のテーゼ

    残酷な天使のテーゼ

    プレイ回数23001
    歌詞かな953打
  • 紅蓮華/LiSA

    紅蓮華/LiSA

    アニメ 鬼滅の刃OP「紅蓮華」

    プレイ回数442
    歌詞かな1038打
  • インフェルノ / Mrs.GREEN APPLE

    インフェルノ / Mrs.GREEN APPLE

    TVアニメ「炎炎ノ消防隊」主題歌

    プレイ回数44964
    歌詞かな1014打
  • 炎/LiSA

    炎/LiSA

    劇場版 鬼滅の刃無限列車編の主題歌「炎」

    プレイ回数646
    歌詞かな816打
  • アイのシナリオ / CHiCO

    アイのシナリオ / CHiCO

    .アイのシナリオのタイピング

    プレイ回数77576
    歌詞かな957打
  • ANIMA

    ANIMA

    SAO アリシゼーション WoU 最終章 OP

    プレイ回数10040
    歌詞かな953打

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(みみをすますと)

耳を澄ますと

(かすかにきこえるあめのおと)

微かに聞こえる雨の音

(おもいをつづろうとここにすわって)

思いを綴ろうと ここに座って

(ことばさがしてる)

言葉探してる

(かんがえてかいてつまずいて)

考えて書いて つまずいて

(けしたらもとどおり)

消したら元通り

(12じかんたって)

12時間経って

(ならべたもんはかみくずだった)

並べたもんは 紙クズだった

(きみにつたえたくて)

君に伝えたくて

(うまくはいかなくて)

巧くはいかなくて

(つのりつもるかんじょうはふくれてゆくだけ)

募り積もる感情は 膨れてゆくだけ

(はきだすこともできずに)

吐き出すこともできずに

(いまぼくのなかにあることばのかけら)

今 僕の中にある言葉のカケラ

(のどのおく、するどくとがってつきささる)

喉の奥、鋭く尖って突き刺さる

(きれいじゃなくたって)

キレイじゃなくたって

(すこしずつだっていいんだ)

少しずつだっていいんだ

(このいたみをただかたちにするんだ)

この痛みを ただ形にするんだ

(なにをしてもつづかないこどものころのぼくは)

何をしても続かない 子供の頃の僕は

(「これぞってもの」って)

「これぞってモノ」って

(きかれてもこたえにこまっていた)

聞かれても 答えに困っていた

(そんなぼくにでも)

そんな僕にでも

(あたえられたものがあるというんなら)

与えられたものが あると言うんなら

(まよいたちどまったじぶんじしんも)

迷い立ち止まった自分自身も

(しんじていたいな)

信じていたいな

(ぼくがいるこのばしょはすこしきゅうくつだけど)

僕がいるこの場所は 少し窮屈だけど

(あいにみちたひょうじょうでぬくもりあふれて)

愛に満ちた表情で ぬくもり溢れて

(そしてきみのこえがする)

そして君の声がする

(あしもとになげすてたあがいたあとも)

足元に投げ捨てた あがいた跡も

(もがいてるじぶんもぜんぶぼくだから)

もがいてる自分も全部 僕だから

(かかえてるおもいをひたすらにさけぶんだ)

抱えてる想いを ひたすらに叫ぶんだ

(そのこえのさきにきみがいるんだ)

その声の先に 君がいるんだ

(みみをすますと)

耳を澄ますと

(たしかにきこえるぼくのおと)

確かに聴こえる僕の音

(そらはなきやんでくもがきれていく)

空は泣き止んで 雲が切れていく

(いまぼくがつむいでくことばのかけら)

今 僕が紡いでく 言葉のカケラ

(ひとつずつおりかさなってうたになる)

一つずつ折り重なって 詩になる

(きれいじゃなくたって)

キレイじゃなくたって

(すこしずつだっていいんだ)

少しずつだっていいんだ

(ひかりがさしこむ)

光が差し込む

(このこえがかれるまでうたいつづけて)

この声が枯れるまで 歌い続けて

(きみにふるかなしみなんかはらせればいい)

君に降る悲しみなんか 晴らせればいい

(ありのままのぼくをきみにとどけたいんだ)

ありのままの僕を 君に届けたいんだ

(さがしてたものは、)

探してたものは、

(めのまえにあった)

目の前にあった