涙ディライト サカナクション

投稿者おさかなプレイ回数00
楽曲情報 涙ディライト  サカナクション  作詞山口 一郎  作曲山口 一郎
難易度(2.9) 718打 歌詞 かな 長文モード可タグサカナクション シンシロ
シンシロ(2009)収録曲です
※このタイピングは「涙ディライト」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ゆうひとらいたーのひをかさねてあかくふくがそまる)

夕日とライターの火を重ねて赤く服が染まる

(きみはなにかいいたげだけどぼくはまたあるきだす)

君は何か言いたげだけど僕はまた歩き出す

(それとないひびでいま)

それとない日々で今

(よるにまってるなみだ)

夜に待ってる涙

(それをしってるぼくらちゅうにうく)

それを知ってる僕ら宙に浮く

(ことばのふしぶしをいきをつかむように)

言葉の節々を息をつかむように

(さがすのさ)

探すのさ

(ゆけよきみがぼくをとおりすぎてながれるなみだ)

行けよ君が僕を通り過ぎて流れる涙

(ゆけよよるがぼくをとおりすぎてしまうまえに)

行けよ夜が僕を通り過ぎてしまう前に

(うすぐらいがいとうのらいとで)

薄暗い街灯のライトで

(ひっぱったかげふんで)

引っ張った影踏んで

(きみはなにかいいたげだけどぼくはまたあるきだす)

君は何か言いたげだけど僕はまた歩き出す

(さびしさはしずかに)

寂しさは静かに

(よるにないてるなみだ)

夜に鳴いてる涙

(それをしってるぼくらふわっとうく)

それを知ってる僕らふわっと浮く

(ことばのかげをとりをみあげるようにめでさがす)

言葉の影を鳥を見上げるように目で探す

(ゆけよきみがぼくをとおりすぎてながれるなみだ)

行けよ君が僕を通り過ぎて流れる涙

(ゆけよよるがぼくをとおりすぎてしまうまえに)

行けよ夜が僕を通り過ぎてしまう前に

(はなればなれのよるなかばすぎのひとりごとには)

離ればなれの夜半ば過ぎのひとり言には

(ぼくはなれるはずだつきあかりがかわをてらす)

僕は慣れるはずだ月明かりが川を照らす

(ゆくよきみがぼくをとおりすぎたあとのなみだだ)

行くよ君が僕を通り過ぎた後の涙だ

(ゆくよよるがぼくをとおりすぎてしまうまえに)

行くよ夜が僕を通り過ぎてしまう前に

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※ランキング登録した名前で投稿されます。