百人一首タイピング(1~50)

投稿者ponkeプレイ回数538  順位2201位
難易度(4.0) 180秒 長文 かな 長文モードのみタグ百人一首 長文 古典
百人一首のタイピングです。
歴史的仮名遣いでタイピングができます。タイピングしながら楽しく百人一首を覚えよう!
秋の田の かりのほ庵の 苫をあらみ 我が衣手は 露に濡れつつ
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 HAKU 6155 百人一首名人 6.3 96.7% 180.0 1146 38 19 2020/09/19
2 マリン 4966 百人一首2段 5.1 96.7% 180.0 925 31 15 2020/10/27
3 ponke 4916 百人一首2段 5.3 93.0% 180.0 956 71 15 2020/09/27
4 蓮月 4772 百人一首2段 4.8 97.5% 180.0 881 22 14 2020/10/22
5 しぇ 3744 百人一首1級 3.9 94.1% 180.0 719 45 11 2020/09/14

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(あきのたのかりほのいおのとまをあらみわがころもではつゆにぬれつつ)

秋の田のかりほの庵の苫をあらみ我が衣手は露に濡れつつ

(はるすぎてなつきにけらししろたえのころもほすてふあまのかぐやま)

春過ぎて夏来にけらし白妙の衣ほすてふ天の香具山

(あしびきのやまどりのおのしだりおのながながしよをひとりかもねむ)

あしびきの山鳥の尾のしだり尾のながながし夜をひとりかも寝む

(たごのうらにうちいでてみればしろたえのふじのたかねにゆきはふりつつ)

田子の浦にうち出でて見れば白妙の富士の高嶺に雪は降りつつ

(おくやまにもみじふみわけなくしかのこえきくときぞあきはかなしき)

奥山に紅葉ふみわけ鳴く鹿の声聞くときぞ秋はかなしき

(かささぎのわたせるはしにおくしものしろきをみればよぞふけにける)

かささぎの渡せる橋に置く霜の白きを見れば夜ぞ更けにける

(あまのはらふりさけみればかすがなるみかさのやまにいでしつきかも)

天の原ふりさけ見れば春日なる三笠の山に出でし月かも

(わがいおはみやこのたつみしかぞすむよをうぢやまとひとはいふなり)

我が庵は都のたつみしかぞ住む世をうぢ山と人はいふなり

(はなのいろはうつりにけりないたづらにわがみよにふるながめせしまに)

花の色は移りにけりないたづらにわが身世にふるながめせし間に

(これやこのゆくもかえるもわかれてはしるもしらぬもおうさかのせき)

これやこの行くも帰るも別れては知るも知らぬも逢坂の関

(わたのはらやそしまかけてこぎいでぬとひとにはつげよあまのつりぶね)

わたの原八十島かけてこぎ出でぬと人には告げよあまのつり舟

(あまつかぜくものかよひじふきとぢよをとめのすがたしばしとどめむ)

天つ風雲の通ひ路吹きとぢよをとめの姿しばしとどめむ

(つくばねのみねよりおつるみなのがわこいぞつもりてふちとなりぬる)

筑波嶺の峰より落つるみなの川恋ぞつもりて淵となりぬる

(みちのくのしのぶもぢずりだれゆえにみだれそめにしわれならなくに)

陸奥のしのぶもぢずり誰ゆゑに乱れそめにし我ならなくに

(きみがためはるののにいでてわかなつむわがころもでにゆきはふりつつ)

君がため春の野に出でて若菜つむわが衣手に雪はふりつつ

(たちわかれいなばのやまのみねにおふるまつとしきかばいまかえりこむ)

立ち別れいなばの山の峰に生ふるまつとし聞かば今帰り来む

(ちはやぶるかみよもきかずたつたがわからくれないにみずくくるとは)

ちはやぶる神代も聞かず竜田川からくれなゐに水くくるとは

(すみのえのきしによるなみよるさへやゆめのかよひじひとめよくらむ)

住の江の岸に寄る波よるさへや夢の通ひ路人目よくらむ

(なにわがたみじかきあしのふしのまもあはでこのよをすぐしてよとや)

難波潟短き葦のふしの間も逢はでこの世を過ぐしてよとや

(わびぬればいまはたおなじなにはなるみをつくしてもあはむとぞおもふ)

わびぬれば今はた同じ難波なるみをつくしても逢はむとぞ思ふ

など

(いまこむといひしばかりにながつきのありあけのつきをまちいでつるかな)

今来むと言ひしばかりに長月の有明の月を待ち出でつるかな

(ふくからにあきのくさきのしをるればむべやまかぜをあらしといふらむ)

吹くからに秋の草木のしをるればむべ山風を嵐といふらむ

(つきみればちぢにものこそかなしけれわがみひとつのあきにはあらねど)

月見ればちぢに物こそかなしけれわが身ひとつの秋にはあらねど

(このたびはぬさもとりあへずたむけやまもみじのにしきかみのまにまに)

このたびはぬさもとりあへず手向山紅葉の錦神のまにまに

(なにしおはばおうさかやまのさねかづらひとにしられでくるよしもがな)

名にし負はば逢坂山のさねかづら人に知られでくるよしもがな

(おぐらやまみねのもみじばこころあらばいまひとたびのみゆきまたなむ)

小倉山峰の紅葉葉心あらば今ひとたびのみゆき待たなむ

(みかのはらわきてながるるいづみかわいつみきとてかこいしかるらむ)

みかの原わきて流るるいづみ川いつ見きとてか恋しかるらむ

(やまざとはふゆぞさびしさまさりけるひとめもくさもかれぬとおもへば)

山里は冬ぞさびしさまさりける人めも草もかれぬと思へば

(こころあてにおらばやおらむはつしものおきまどはせるしらぎくのはな)

心あてに折らばや折らむ初霜の置きまどはせる白菊の花

(ありあけのつれなくみえしわかれよりあかつきばかりうきものはなし)

有明けのつれなく見えし別れより暁ばかり憂きものはなし

(あさぼらけありあけのつきとみるまでによしののさとにふれるしらゆき)

朝ぼらけ有明けの月と見るまでに吉野の里に降れる白雪

(やまがわにかぜのかけたるしがらみはながれもあへぬもみじなりけり)

山川に風のかけたるしがらみは流れもあへぬ紅葉なりけり

(ひさかたのひかりのどけきはるのひにしづこころなくはなのちるらむ)

ひさかたの光のどけき春の日にしづ心なく花の散るらむ

(たれをかもしるひとにせむたかさごのまつもむかしのともならなくに)

誰をかも知る人にせむ高砂の松も昔の友ならなくに

(ひとはいさこころもしらずふるさとははなぞむかしのかににほひける)

人はいさ心も知らずふるさとは花ぞ昔の香ににほひける

(なつのよはまだよいながらあけぬるをくものいづこにつきやどるらむ)

夏の夜はまだ宵ながら明けぬるを雲のいづこに月宿るらむ

(しらつゆにかぜのふきしくあきののはつらぬきとめぬたまぞちりける)

白露に風の吹きしく秋の野はつらぬきとめぬ玉ぞ散りける

(わすらるるみをばおもはずちかひてしひとのいのちのおしくもあるかな)

忘らるる身をば思はず誓ひてし人の命の惜しくもあるかな

(あさじうのおののしのはらしのぶれどあまりてなどかひとのこいしき)

浅茅生の小野の篠原忍ぶれどあまりてなどか人の恋しき

(しのぶれどいろにでにけりわがこいはものやおもふとひとのとふまで)

忍ぶれど色に出にけり我が恋はものや思ふと人の問ふまで

(こいすてふわがなはまだきたちにけりひとしれずこそおもひそめしか)

恋すてふわが名はまだき立ちにけり人知れずこそ思ひそめしか

(ちぎりきなかたみにそでをしぼりつつすえのまつやまなみこさじとは)

契りきなかたみに袖をしぼりつつ末の松山波越さじとは

(あひみてののちのこころにくらぶればむかしはものをおもはざりけり)

逢ひ見ての後の心にくらぶれば昔はものを思はざりけり

(おふことのたえてしなくはなかなかにひとをもみをもうらみざらまし)

逢ふことの絶えてしなくはなかなかに人をも身をも恨みざらまし

(あはれともいふべきひとはおもほえでみのいたづらになりぬべきかな)

あはれとも言ふべき人は思ほえで身のいたづらになりぬべきかな

(ゆらのとをわたるふなびとかぢをたえゆくえもしらぬこいのみちかな)

由良の門を渡る舟人かぢを絶え行方も知らぬ恋の道かな

(やえむぐらしげれるやどのさびしきにひとこそみえねあきはきにけり)

八重むぐら茂れる宿のさびしきに人こそ見えね秋は来にけり

(かぜをいたみいわうつなみのおのれのみくだけてものをおもふころかな)

風をいたみ岩うつ波のおのれのみくだけてものを思ふころかな

(みかきもりえじのたくひのよるはもえひるはきえつつものをこそおもへ)

みかきもり衛士のたく火の夜は燃え昼は消えつつものをこそ思へ

(きみがためおしからざりしいのちさへながくもがなとおもひけるかな)

君がため惜しからざりし命さへ長くもがなと思ひけるかな

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

ponkeのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード