バイバイ

投稿者一花プレイ回数00
楽曲情報 バイバイ  7!!  作詞MICHIRU  作曲MICHIRU
難易度(2.7) 805打 歌詞 長文モード可タグアニメ・マンガ バイバイ 7!! アニソン 君と僕。
君と僕。 OP
※このタイピングは「バイバイ」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(やっぱりきみだよね?)

やっぱり君だよね?

(ほんとおどろいたよ)

ほんと驚いたよ

(ふたりよくあるいたなみきどおり)

ふたりよく歩いた並木通り

(いちねんぶりにみるかれはかみがみじかくて)

一年ぶりに見る彼は髪が短くて

(おとなびてみえた)

大人びて見えた

(ふざけてばかりで)

ふざけてばかりで

(はなしをきかなくて)

話を聞かなくて

(わたしもむきになっていた)

わたしもむきになっていた

(きみがおとなになるのを)

君が 大人になるのを

(まてずにとおざけていったのは)

待てずに遠ざけていったのは

(わたしだったね)

わたしだったね

(いつもまいなす1どのあめがふる)

いつも マイナス1℃の雨が降る

(きみがくれたなみだ)

君がくれたナミダ

(そのやさしさまでわからなくて)

そのやさしさまでわからなくて

(ずっとこのむねをしめつけた)

ずっとこの胸をしめつけた

(とおりをわたって)

通りをわたって

(こえをかけたいな)

声をかけたいな

(いっしゅんおもったけどあしをとめる)

一瞬思ったけど足を止める

(まじめなよこがお)

まじめな横顔

(きっともうきみのめに)

きっともう君の目に

(わたしはうつらないから)

わたしは映らないから

(いつもまいなす1どのあめがふる)

いつも マイナス1℃の雨が降る

(つめたすぎるなみだ)

冷たすぎるナミダ

(はぐらかすたいどにおこってたけれど)

はぐらかす態度に怒ってたけれど

(じつはすくわれていたんだね)

実は救われていたんだね

(かぜにのったくもがゆっくりといま)

風に乗った雲が ゆっくりと今

(ふたつにちぎれていく)

ふたつにちぎれていく

(ひとりでかってにつよがって)

ひとりで勝手に強がって

(わたしをくるしめてたのは)

わたしを苦しめてたのは

(きみじゃなくてわたしじしんだったね)

君じゃなくわたし自身だったね

(きみにであえてよかったよ)

君に出会えてよかったよ

(いつもまいなす1どのあめがふる)

いつも マイナス1℃の雨が降る

(きえていくなみだは)

消えていくナミダは

(なつのそらのしたおもいでにかわる)

夏の空の下 思い出に変わる

(かみをたばねてあるきだそう)

髪を束ねて歩き出そう

(このなみだをきっとわすれない)

このナミダをきっと忘れない

一花のタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971