恋に咲く謎、はらはらと

投稿者一花プレイ回数25
楽曲情報 恋に咲く謎、はらはらと  A応P  作詞櫻澤 ヒカル  作曲櫻澤 ヒカル
京都寺町三条のホームズ OP
※このタイピングは「恋に咲く謎、はらはらと」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(はかなくもつよくまうこころはなのように)

儚くも強く舞う心 花のように

(さきほこれ)

咲き誇れ

(りかいしようとなやんでは)

理解しようと悩んでは

(ほらなぞなぞごようじん)

ほら 謎 謎 ご用心

(すきかきらいのといのように)

好きか嫌いの 問いのように

(ぐるぐるとからだかけめぐる)

ぐるぐると 体 駆け巡る

(あさのひざしにめをさまし)

朝の日差しに目を覚まし

(すぐしっそうさっそうすぎていく)

すぐ 疾走 颯爽 過ぎていく

(もどせないときのなかわたし)

戻せない 時の中 私

(いちどきりのぼうけんしゃ)

一度きりの 冒険者

(こいのなぞかけなんかいやってもおなじで)

恋の謎かけ 何回やっても同じで

(そのこたえをきみとさがしてみたい)

その答えを 君と探してみたい

(こよい)

今宵

(ひらひらとゆらゆらと)

ひらひらとゆらゆらと

(はらはらゆれるこのきもちと)

はらはら揺れるこの気持ちと

(めぐりあいてをつなぎみらいへといきてく)

巡り逢い 手を繋ぎ 未来へと生きてく

(たとえ)

例え

(くらくらでふらふらで)

くらくらで ふらふらで

(たてないくらいのかなしみも)

立てないくらいの悲しみも

(こえぬくかくごをむねにきざみこんだ)

超え抜く覚悟を 胸に刻みこんだ

(はかなくもつよくまうこころはなのように)

儚くも強く舞う心 花のように

(さきみだれ)

咲き乱れ

(はなれてはすぐちかづいて)

離れてはすぐ近づいて

(またなぞなぞましていく)

また 謎 謎 増していく

(すぐそことどくきょりなのに)

すぐそこ届く距離なのに

(もやもやななにかじゃまをする)

もやもやな 何か邪魔をする

(ふあんがつよくなるたびに)

不安が強くなるたびに

(すぐそうぞうもうそうめをつぶる)

すぐ 想像 妄想 目をつぶる

(かわらないわかってた)

変わらない 分かってた

(だけどよわきうごけないじぶんが)

だけど 弱気 動けない自分が

(つまずきとまりなきそうなわたしのてを)

躓き止まり 泣きそうな私の手を

(きみはひいてつれていってくれますか?)

君は引いて 連れて行ってくれますか?

(こよい)

今宵

(ひらひらとゆらゆらと)

ひらひらとゆらゆらと

(はらはらゆれるこのきもちが)

はらはら揺れるこの気持ちが

(あざやかにしたたかにわたしからさいていく)

鮮やかに 強かに 私から咲いていく

(たとえ)

例え

(へいわすらとだえても)

平和すら 途絶えても

(とわにつづきゆくしあわせを)

永遠に続きゆく幸せを

(しんじるおもいをふたりねがいながら)

信じる想いを 二人願いながら

(はなやかにつよくさくこころはなのように)

華やかに強く咲く心 花のように

(こよい)

今宵

(ひらひらとゆらゆらと)

ひらひらとゆらゆらと

(はらはらゆれるこのきもちと)

はらはら揺れるこの気持ちと

(めぐりあいてをつなぎみらいへといきてく)

巡り逢い 手を繋ぎ 未来へと生きてく

(たとえ)

例え

(くらくらでふらふらで)

くらくらでふらふらで

(たてないくらいのかなしみも)

立てないくらいの悲しみも

(こえぬくかくごをむねにきざみこんだ)

超え抜く覚悟を 胸に刻みこんだ

(はかなくもつよくまうこころはなのように)

儚くも強く舞う心 花のように

(さきほこれ)

咲き誇れ