冬の日のエトランゼ

投稿者アイキボ(なべつかみ)プレイ回数00
楽曲情報 冬の日のエトランゼ  DRAMATIC STARS  作詞真崎 エリカ  作曲遠藤 直弥
難易度(2.2) 836打 歌詞 かな 長文モード可タグアイドルマスターSide SideM
※このタイピングは「冬の日のエトランゼ」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 匿名 5343 舞い散る粉雪 5.5 96.6% 149.9 830 29 38 2020/11/17
2 sabi 3859 粉雪 3.9 97.4% 216.1 856 22 38 2020/10/26

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(きみはいつもとおなじようにあるいていく)

君はいつもと同じように歩いてゆく

(ぼくはおいつけなくてせなかはなれてゆく)

僕は追いつけなくて背中離れてゆく

(そしてちがうきのうをいきていたってことを)

そして違う昨日を生きていたってことを

(おもいだすかじかむふゆのひ)

思い出す悴む冬の日

(ふりむいておどろいて)

振り向いて 驚いて

(かけてくるぜろになる)

駆けてくる ゼロになる

(なれたきょりかんたしかめるよう)

慣れた距離感 確かめるよう

(にぎりこんだて)

握り込んだ手

(まいちるえとらんぜ)

舞い散るエトランゼ

(ふれたらすぐきえてしまう)

触れたらすぐ消えてしまう

(あわくしろいかけら)

淡く白い欠片

(つないだぬくもりに)

繋いだ温もりに

(どうかずっとそばにいて)

どうかずっと側に居て

(ねがいながらみつめたせかい)

願いながら見つめた世界

(やまないこなゆき)

止まない粉雪

(きみのことをいちばんしっているつもりで)

君のコトを一番知っているつもりで

(ぼくはふいにきずついてしまうじぶんかってさ)

僕は不意に傷ついてしまう 自分勝手さ

(ふゆのだいさんかくをさがすむじゃきなめに)

冬の大三角を探す無邪気な瞳に

(ひかりはここだとさけびたい)

光はここだと叫びたい

(やさしさでつつまれて)

優しさで 包まれて

(いてほしいもどかしい)

いて欲しい もどかしい

(かぶるぼうしのせてみたら)

被る帽子乗せてみたら

(ふっとわらったね)

ふっと笑ったね

(きらめくえとらんぜ)

煌めくエトランゼ

(まちあかりにてらされては)

街明かりに照らされては

(けしきにどうかしてく)

景色に同化してく

(このさきのきおくは)

この先の記憶は

(おそろいであるように)

お揃いであるように

(ならぶかげにいのりをかけた)

並ぶ影に祈りを掛けた

(ながれてくめろでぃ)

流れてく Melody

(まいちるえとらんぜ)

舞い散るエトランゼ

(ふれるまえのきみのおんど)

触れる前の君の温度

(しるひはこなくても)

知る日は来なくても

(つないだぬくもりと)

繋いだ温もりと

(ずっとずっとそばにいよう)

ずっとずっと側に居よう

(だいじなのはここにいるひと)

大事なのはここにいる人

(そうぼくたちがであってるせかい)

そう僕たちが出会ってる世界

(やまないこなゆき)

止まない粉雪

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。