一万二千円の恋

投稿者mokachamuプレイ回数00
楽曲情報 一万二千円の恋  成田 痳  作詞成田 痳  作曲成田 痳
難易度(2.8) 2310打 歌詞 かな 長文モード可タグ初音ミク 歌詞 音楽 ボカロ
※このタイピングは「一万二千円の恋」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(いちじかんいちまんとにせんえん)

一時間一万と二千円

(それがわたしじしんのかち)

それが私自信の価値

(きらきらとかがやくぴんくのひかり)

キラキラと輝くピンクの光

(ふみつぶすようにあるいた)

踏み潰すように歩いた

(よるのでんしゃ えきのほーむ)

夜の電車 駅のホーム

(たまらなくいきぐるしくなって)

たまらなく息苦しくなって

(このままあといっぽふみだせたらとねがった)

このまま後一歩踏み出せたらと願った

(くさりかけたごみならなまごみへ)

腐りかけたゴミなら生ゴミへ

(ふはいしゅうがするまえに)

腐敗臭がする前に

(とびこんだらぜんぶらくになるかな)

飛び込んだら全部楽になるかな

(そんなかんがえがよぎった)

そんな考えがよぎった

(だけどこわくてあしがふるえて)

だけど怖くて足が震えて

(みぎのほおをなみだがすべりおちて)

右の頬を涙が滑り落ちて

(わたしはそのばにすわりこんだんだ)

私はその場に座り込んだんだ

(めいわくそうにでんしゃにのりこむひとのむれ)

迷惑そうに電車に乗り込む人の群れ

(こうきのめをむける)

好奇の目を向ける

(ばかにするなとつめをたて)

馬鹿にするなと爪をたて

(すぎゆくさらりーまんのむなぐらつかんだ)

過ぎ行くサラリーマンの胸ぐら掴んだ

(わるいことだとわかってるけど)

悪い事だと分かってるけど

(むかしのようにしかってほしくて)

昔のように叱ってほしくて

(あしたになってしまうのがこわくて)

明日になってしまうのが怖くて

(めをとじられなくなった)

目を閉じられなくなった

(とべよとべよとべよとべよ)

飛べよ飛べよ飛べよ飛べよ

(ぼくがせなかをおしてやるよ)

僕が背中を押してやるよ

(しねよしねよしねよしねよ)

死ねよ死ねよ死ねよ死ねよ

(きみのじんせいはむくわれねぇよ)

君の人生は報われねぇよ

(とべよとべよとべよとべよ)

飛べよ飛べよ飛べよ飛べよ

(こんなによぞらがきれいだから)

こんなに夜空が綺麗だから

(あしたにしようなんていうなよ)

明日にしようなんて言うなよ

(きょうでおわらせちゃえよ)

今日で終わらせちゃえよ

(もどれないせいしゅんにとらわれて)

戻れない青春に囚われて

(ぐちるろうじんにろうばい)

愚痴る老人に狼狽

(ながくいきたぶんのかちがあるならば)

長く生きた分の価値があるならば

(べにくらげでもまつれよ)

ベニクラゲでも祀れよ

(どうせわたしはこんなひをくりかえして)

どうせ私はこんな日を繰り返して

(しにゆくだけだからさ)

死にゆくだけだからさ

(ありがたいおことばはまごにとっとけよ)

ありがたいお言葉は孫に取っとけよ

(げたはこにごみ はきけとぼうこう)

下駄箱にゴミ 吐き気と暴行

(わらうかお あいたいひとがいた)

笑う顔 会いたい人がいた

(ちゅうがくじだいおもいだす)

中学時代思い出す

(いちばんましだったころのわたしがいった)

一番マシだった頃の私が言った

(いつになったらすくわれるだろう)

いつになったら救われるだろう

(いつになったらむくわれるだろう)

いつになったら報われるだろう

(あしたになってもあさってになっても)

明日になっても明後日になっても

(いつかのひなどこないんだ)

いつかの日など来ないんだ

(にげろにげろにげろにげろ)

逃げろ逃げろ逃げろ逃げろ

(こころがくさってしまうまえに)

心が腐ってしまう前に

(しねよしねよしねよしねよ)

死ねよ死ねよ死ねよ死ねよ

(きみがおとなになりきるまえに)

君が大人になりきる前に

(とべよとべよとべよとべよ)

飛べよ飛べよ飛べよ飛べよ

(いつかゆめをかなえるそのまえに)

いつか夢を叶えるその前に

(このままでいいなんていうなよ)

このままでいいなんて言うなよ

(ひとりないてんじゃねぇよ)

一人泣いてんじゃねぇよ

(もたされたにもつがおおすぎて)

持たされた荷物が多すぎて

(あるけなくなってしまった)

歩けなくなってしまった

(だけどたよれるひとなどいないから)

だけど頼れる人など居ないから

(あきらめてすわりこんだんだ)

諦めて座り込んだんだ

(ばかなやつらとばかなおとなに)

バカな奴らとバカな大人に

(わらわれるぼくがいちばんばかだ)

笑われる僕が一番バカだ

(そんなときすくってくれたのが)

そんな時救ってくれたのが

(ほかならぬきみだった)

他ならぬ君だった

(いちじかんいちまんとにせんえん)

一時間一万と二千円

(それがぼくらふたりのこい)

それが僕ら二人の恋

(りすとばんどのしたにあるきずあとに)

リストバンドの下にある傷跡に

(きづかないふりをしたんだ)

気付かないフリをしたんだ

(ぼくはひとりのただのきゃくで)

僕は一人のただの客で

(きみにとってはただのおかねで)

君にとってはただのお金で

(くちをはさむことなんてできるわけなくて)

口を挟む事なんて出来るわけなくて

(だけどあのよるえきのほーむ)

だけどあの夜駅のホーム

(なきじゃくるきみふとぼくとめがあう)

泣きじゃくる君ふと僕と目が合う

(ばかにするなとつめをたて)

バカにするなと爪をたて

(ひとりたちすくむぼくのむなぐらつかんだ)

一人立ち竦む僕の胸ぐら掴んだ

(ぼくじゃきみをたすけられないから)

僕じゃ君を助けられないから

(きみはぼくをみてなどいないから)

君は僕を見てなどいないから

(きみがねがうならぼくもねがうから)

君が願うなら僕も願うから

(せなかおしてやるから)

背中押してやるから

(とべよとべよとべよとべよ)

飛べよ飛べよ飛べよ飛べよ

(ぼくがきみにこいをするまえに)

僕が君に恋をする前に

(しねよしねよしねよしねよ)

死ねよ死ねよ死ねよ死ねよ

(きみがだれかとこいをするまえに)

君が誰かと恋をする前に

(とべよとべよとべよとべよ)

飛べよ飛べよ飛べよ飛べよ

(いきたいとねがうひがくるまえに)

生きたいと願う日が来る前に

(じぎゃくなんてのはくちにするなよ)

自虐なんてのは口にするなよ

(どっかでしんでしまえよ)

どっかで死んでしまえよ

(ぼくはてをのばすきしゃなせに)

僕は手を伸ばす華奢な背に

(きみはおちてゆく)

君は落ちてゆく

(すきとおるはだとたばこのけむりに)

透き通る肌とタバコの煙に

(うかぶさいごのこいと)

浮かぶ最後の恋と

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

mokachamuのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971