月がきれい

投稿者一花プレイ回数00
楽曲情報 月がきれい  東山 奈央  作詞川嶋 あい  作曲WEST GROUND
難易度(3.2) 1149打 歌詞 長文モード可タグアニメ・マンガ 月がきれい 東山奈央 アニソン 川嶋あい
月がきれい ED
※このタイピングは「月がきれい」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ゆうぐれおちるまえにしろいつきがのぼる)

夕暮れ落ちる前に白い月が昇る

(はるかぜやさしく2つのかげ)

春風優しく2つの影

(ささやくようにつつんでいたよ)

ささやくように包んでいたよ

(はじめてこんなにだれかをおもった)

初めてこんなに誰かを想った

(いつもどうしていいのかわからなかった)

いつもどうしていいのかわからなかった

(きみへのおもいはこぼれるほどあるのに)

君への想いはこぼれるほどあるのに

(つないだみぎてもぎこちないきすも)

つないだ右手もぎこちないキスも

(それだけがこのせかいのすべてだった)

それだけがこの世界の全てだった

(きょうもきみからもらったことばを)

今日も君からもらった言葉を

(だきしめている)

抱きしめている

(わたしにとってそれはまるでつきあかり)

私にとってそれはまるで月明り

(ふたりでみあげたあのときみたいにきれい)

二人で見上げたあの時みたいにきれい

(あついなつのひざしゆれるふうりんのね)

暑い夏の日差し 揺れる風鈴の音

(しんこきゅうしてみつめたせなかは)

深呼吸して見つめた背中は

(おもったよりもすごくおおきくて)

思ったよりもすごく大きくて

(どうしてこんなにせつなくさせるの?)

どうしてこんなに切なくさせるの?

(あのひふたりであるいたかしやよこちょう)

あの日二人で歩いた菓子屋横丁

(きみのほはばにあわせてついていったね)

君の歩幅に合わせてついていったね

(いつものねぐせとほどけたくつひも)

いつもの寝ぐせとほどけた靴ひも

(このままときをとめてしまいたかった)

このまま時を止めてしまいたかった

(なつまつりにふたりでみあげたはなびはいまでも)

夏祭りに二人で見上げた花火は今でも

(わたしにとってかけがえないたからもの)

私にとってかけがえない宝物

(ふたりをみていたあのつきみたいにきれい)

二人を見ていたあの月みたいにきれい

(どんなにとおくはなれていてもきみと)

どんなに遠く 離れていても君と

(ずっといつまででも)

ずっといつまででも

(いっしょにいられますようにと)

一緒にいられますようにと

(いのった)

祈った

(よぞらにきょうもまたたくほしをみつめて)

夜空に今日も瞬く星を見つめて

(こぼれるなみだをひとりこらえていたよ)

こぼれる涙を一人こらえていたよ

(ことばをもたないつきがわたしなら)

言葉を持たない月が私なら

(きみというほしみつめつづける)

君という星見つめつづける

(いつもどうしていいのかわからなかった)

いつもどうしていいのかわからなかった

(きみへのおもいはこぼれるほどあるのに)

君への想いはこぼれるほどあるのに

(つないだみぎてもぎこちないきすも)

つないだ右手もぎこちないキスも

(それだけがこのせかいのすべてだった)

それだけがこの世界の全てだった

(きょうもきみからもらったことばを)

今日も君からもらった言葉を

(だきしめている)

抱きしめている

(わたしにとってそれはまるでつきあかり)

私にとってそれはまるで月明り

(ふたりでみあげたあのときみたいにきれい)

二人で見上げたあの時みたいにきれい